パター

再び目覚めた野獣

maruko.grandvrio-golfclub6

 

もうすぐ女子プロの「ステップアップツアー」が開催される「上田丸子グランヴィオリオゴルフ倶楽部」
久しぶりのラウンドに臨んだ俺は、みまきコースの2番にプレーを進めていた。

ベテランゴルファーMさん、元研修生だったM嬢共に「ダブルボギー」でのスタートだったので、
ティーショットの順番は変わらず俺が一番最後になる。

3人共同じ「レギュラーティー」からプレーしているので、
ドライバーの飛距離が否応なく明らかにされる事に今までは抵抗を感じていたが、
今日を堺にそれを「今後の練習課題」として真摯に受け止めようと考えていた。

そうさ。ゴルフのスコアアップは飛距離じゃないんだ。
何より「グリーンにボールを運ぶ正確性」「グリーンのタッチとラインの読み」だと
自分に言い聞かせていた。

みまきの2番ホールは、打ち下ろしのミドルホール。
距離は344ヤードと短いので、「バーディー」も狙えるチャンスホールだ。
しかし、フェアウェイがの左に傾いているので、
真ん中にボールを落とすとラフに転がり落ちて行ってしまうし、
運が悪い場合はそのまま「OB」グッバイボールだ

MさんM嬢の二人は、右側を攻めて行ったがボールはラフ。
俺も、同じ右サイドに狙って打ったドライバー。
低く打ち出されたボールは狙い通りに真っ直ぐ飛んで行ったのだった。

「イイじゃん俺!やればデキるじゃん!!」

他人から見れば「トップボール」かもしれないが、
俺にとっては「今シーズン一番!」という「ピッチャー返しのセンター前ヒット」の打球だった。

そうさ。ボールが空高く舞い上がらなくていいんだよ。
「曲がらないドライバーショット」が打てていれば道は開けてくるんだハズなんだから。

きっと「ドライバーでOBを出さない事」が、
今の俺に一番求められている事だ。
それが、俺のゴルフの師匠に大反発して、
「絶対に100切りしてみせますから!」と大見得を言えた理由でもあった。

セカンド地点に行ってみると、右側に飛んで行ったボールがなんとフェアウェイの左側まで転がり落ちていた。
しかし、もし俺のボールがフェアウェイの真ん中に飛んでいたならと、
そんな想像をすると恐ろしい。やっぱり、上手な人のコースマネジメントは参考になる。
良いことに、飛距離はかなり出ていた事だ。
スタートホールの屈辱を、今度は俺が60ヤードオーバーで晴らしていた。

グリーンまでの残り距離は約100ヤード。
砲台になっているので少し決めのクラブでいいなとPwで打ったボールは、
理想の弾道で飛んで行った。

距離は合っていたが、少し方向性の悪いボールはグリーンのカラーに止まっていた。
だが、パターで打てるから「パー」も取れる状況だ。

後は距離感。
アバウトなラインの読みでも、
このパターでの1打目をしっかりピンに近づける事が大切だ。

素振りは2回。そこで「自分のタッチ」をグリーンに合わせていく。
しかし、「カップ1m以内」に合わせたパッティングは2mもオーバー。
返しのパットでショートして、このホールを「ボギー」にしてしまった俺。

1打目2打目のショットが良かっただけに、この「ボギー」は悔やまれるが、
プレーはまだ2ホールを終わっただけだ。
次の3ホールが終わるまでは「様子見」と決めているから
悲観的な気持ちは捨てよう。

それに、ドライバーだってナイスショットが打てたじゃないか。
飛距離だって出ているんだから、プレーを前向きに捉えて進んでいこうぜ!

「辛口なアドバイス」以外は聞こえてこないラウンドでは、
自分で自分を鼓舞していかなければ、きっと途中で心折れてしまうに違いない。
俺は、オナーになった3番ホールのミドルホールに立って、
グリーンが見えないブラインドホールの攻め方を考えながら
鼓を打って自分を舞わせていた。

「よしっ。狙いは右側の傾斜面だな。」

前のホールのドライバーショットが好調だったことを理由に
「ショートカットする選択」を選んだ俺だったが、
結果は右への大スライスだった

しかも、隣ホールに隣接しているナイター照明に「ドカン!」とボールがぶつかって
そのボールは捜索不可能になってしまったのだった。

「今回のラウンドではお目にかかることは無いな。」と思っていたスライスボール。
消えていた恐怖が蘇った瞬間だった。

このホールを「8打」
次のショートでも「3パット」を叩き、滝壺に飛び込むように一気に転落していった俺。
前半のプレーを「52打(17パット)」で終了していた。

同伴者のMさんからは、「ホント、お前のドライバーは真っ直ぐ飛ばないよな。」と言われるほど、
その後のショットは右に左に低くコロコロチーピンと「曲打ちのむら」が復活していた。

だが「52打」のスコアなら、
まだまだ後半の盛り返したって期待できる状態だ。

きっとドライバーショットが乱れてきたのは、
「もっと飛ばしてやるぜー!」という欲望が出たからに違いない。

この止めどなく湧き上がってくる欲望を何とか抑えこみ、
「謙虚なゴルフ」に徹すれば、師匠に宣言した約束を胸を張って堂々と果たすことが出来る!

しかし、一度目覚めてしまった野獣は、
二度と静まることはなかったのだった

さくらコースでの後半戦、俺のスコアは「59打(16パット)」。

「どうしよう。持ってきたボールが無くなってしまうっ。」と心配するほど、
グッバイボールを連発したのだった。

そして俺は、
「明日もまたゴルフだから、その結果をみて師匠への報告は考えるとするか。」
と今回のプレーを一度棚に上げて、
思い出のコース「上田丸子グランヴィオリオゴルフ倶楽部」を後にしたのだった・・・。

maruko.grandvrio-golfclub9

 

ピックアップ記事

  1. 信州岬
  2. スイングの反省点
  3. チェリーボーイ
  4. 大都会で、日常的にゴルフ練習をする方法
  5. ダブルス戦で勝つための戦略

関連記事

  1. プロレッスン

    速報!信州出身のプロゴルファーが初優勝を飾る!!

    今日、俺の耳にビッグニュースが飛び込んできた!なんと、茨城県の…

  2. スイング練習

    ブランクはあった方が良いのか?それとも無い方が良いのか?

    早速、今シーズンの初ラウンドに出掛けた。選んだコースは「飯綱高…

  3. ラウンド

    決戦の朝

    俺は、激しい雨音で目が覚めた。部屋の中はまだ暗く、…

  4. ゴルフ練習

    3パットを叩かない為に必要な事

    相変わらず全く上達しない俺だが、それでも得…

  5. シングルプレイヤ-

    新しいドライバーと、練習方法を見直した成果は?

    初めてやってきたコース「志賀高原カントリー倶楽部」でのプレーは、も…

  6. シングルプレイヤ-

    師匠との約束

    とてもヤバイ状況になっている。もう6月…

コメント

    • ラディのパパ
    • 2016年 6月 18日

    「300y飛んで曲がらないDRを打てる肉体」が欲しいと。
    そっちで来ましたか~!
    こりゃ、一本取られちゃいましたね(^^ゞ

    マキロイも松山も世界で活躍するメジャー選手ですからね。
    もし、むらさんがその体を手に入れたとしても、同伴者がびびっちゃって誰も一緒にラウンドしてくれなくなっちゃいますよ!
    「信州で1人寂しくラウンドする、スーパーアマゴルファー・むら」
    な~んて、へんてこな有名人になっちゃったりしてね~(≧▽≦)

    そうですか?
    わたし、コピーライターの才能有りますかね?
    それは少しも気付きませんでしたよ。

    そう言えば、むらさんのブログランキングが去年よりも少し下がり気味ですもんね。
    よ~し!
    それでは、むらさんの為に一肌脱ごうじゃありませんか!
    その代わり、わたしのコピー通りに実行して下さいね。
    そうすれば必ずブログランキング1位になる事を保証しますよ!

    絶賛、毎日更新中‼
     ~信州在住のアマチュアゴルファー・むらが繰り広げる、七転八倒のラウンド反省記~
      「ゴルフ初心者の練習日記」

    はい、明日から実行お願いしますね~( ̄▽ ̄)

    • どうやら松山英樹選手、「全米オープン」で崩れてしまったみたいですねっ。
      という事で、「肉体」に追加して「不適正だけど違法じゃないととぼけられる精神」も取り入れて
      「完璧なむら」を作り上げたいとと思います。(笑)

      そのキャッチコピー、イイです!
      やっぱり、才能を隠していましたね?( ̄ー ̄)ニヤリ
      という事で、今後の日記のコンセプトはこれで決まりました。

      ~某信州の夜の街で繰り広げられる、48手のラウンド実践記!~
      「ゴルフ初心者、愛の練習日記」

      どうです?読みたいですか?(笑)

        • ラディのパパ
        • 2016年 6月 20日

        ~某信州の夜の街で繰り広げられる、48手のラウンド実践記!~
        「ゴルフ初心者、愛の練習日記」
        これだと「週〇実話」の記者が書く巻末記事のようになっちゃいますよ~。

        こんなのはどうですか?
        ~信州のゴルフ場にコダマする悲哀の雄叫びを聞け~
        アマゴルファー・むらの「俺のボールはどっちへ行った!? むらの球探し日記」
        な~んてね(≧▽≦)
        本当は「絶賛、毎日更新中~‼」と言う所が肝だったんですよ~!
        むらさんが毎日更新すれば、絶対にランキングが上がりますよね。
        でも、なかなか毎日更新と言うのも大変でしょうね。

        まぁ、その話は置いといて…
        昨日も新しいホームコースへ行って来ました。
        結果、前半52打、パット16、後半55打、パット20、計107打、パット36
        昨日も午後からのスルーで回ったんですが、どうしても後半崩れるんですよね。
        それと、メンタルの弱さを痛感しましたね。
        谷や池などの障害物にめっぽう弱いんです。
        必ずと言っていいほど、ミスショットが出るんですね。
        このメンタルを何とかしないと…

        ウチの近くに河川敷のコースがあるんですね。
        そこで、早朝ハーフや午後からハーフラウンド出来るシステムがあるんですよ。
        これから暑さも本番になるので、その河川敷の早朝ハーフを利用しようかと考えました。
        そのメリットとして…
        *車で15分くらいで到着しちゃう
        *ハーフなので体力的に楽ちん
        *河川敷なのでコースがフラット
        *知らない人との組合せで、メンタルが鍛えられる
        なんか、良いことずくめの感じがしません?

        今まで、河川敷って「どのホールも同じに見えて、なんかつまらないよな~」と思い敬遠してました。
        しかし、練習と割り切って使えばいいんですよね。
        ここなら毎週行く事も出来るし。
        月に2回、遠くのゴルフ場へ行くのもいいんですが、しばらくは河川敷で練習に励むことにします。
        河川敷でコンスタントに40台を出すことが出来れば、他のコースへ行っても何とかなるかな~?

        しばらくは、近くの河川敷コースで「メンタルの強化」に専念しますね~(*´ω`)

      • なるほど~。「毎日」ってところが肝なんですね?
        この日記は「私の叫び」ですので「毎日更新」でも大変ではないのですが、
        でも逆に「読む人が大変」なのでは?
        ほら、「朱に交われば赤くなる」とかとか言ううじゃないですか。
        良いんですか?「洗脳」されても。(笑)

        あらっ、それはちょっと困った感じですねっ。
        確かに、メンタルが強い人っていますけど、
        アレってどうやって鍛えたんでしょうね?
        きっと、「生まれた頃から強かった」事はないと思うので、
        鍛えたんだと思うんです。きっといつかどこかで。
        そう考えると、「河川敷コース練習」は最適ですよねー。
        もう、一石四鳥じゃないですかーっ。
        イイな、それは!

        もしパパさんが「メンタルの強化」が出来たら、
        ぜひ私も「1人予約プレー」を再開させたいと思いますよ。
        私も、一皮剥けなきゃちょっとヤバイ状況なので。^^;;

    • sasaki
    • 2016年 6月 17日

    お疲れ様です。
    飛距離も方向性もどっちも大事。
    ドライバーは飛距離そこそこ 方向性もそこそこで アイアンビシっと。2パットパー。
    グリーンからこぼれても、アプローチで寄せて、パターでパーorボギーで。
    とわかっちゃいるけど、ダボがあるんだよなー。

    早朝ラウンドいってきましたが、49.44で撃沈
    やっぱりまだまだ。
    悪いのはショット力よりは考え方、セットアップが9割ですね。

    早くうまくなりたい。

    • 私もその「アイアンビシっと。2パットパー」というプレーを目指したいんですよねっ。
      なのに「アイアンぺちっと。2パットダボ」とかになっていますっ。(悲)

      早速のラウンド報告、ありがとうございました。
      そーですか、今回は「大波」が来なかったんですね?(笑)
      でも確かに、「セットアップ」ってすっごく重要ですよね。
      私も「ボールの位置」とか「スタンス幅」とか「構える方向」とか悩んでいるんですっ。
      「正しい方法を誰か教えてくれ!」と。

      早く出来るようになりたい。

    • かずくん
    • 2016年 6月 17日

    テレビで見る限り、今日の10番ホールは綺麗ですね‼山に雲がかかった感じなんか景色を見に行きたいぐらい。
    それに、1、10番はおもいっきり振っていけそう。10番は落下点が見えなさそうなのがちょっとだけ心配ですが。

    • おっ。今、信州で開催されている「上田丸子グランヴィオリオレヂース」を見たんですね?
      このコースが去年の「むらコンペ」をやったコースですよ。
      どうです?一度来てみたくなったでしょ?(笑)

    • かずくん
    • 2016年 6月 16日

    USPGAのスタッツを見てください。意外なことがわかります。
    ドライビングディスタンスのTOP20にはよく知ってる名前がイッパイ出てきますが、フェアウェイキープ率の方にはヘンリック・ステンソン位しか居ません。
    つまり、スコアアップには、ドライバーに関する限り、正確性よりも飛距離です。
    但し、アメリカのジョーダン・スピースも日本ツアーのキム・ヒョンテも飛距離もフェアウェイキープ率も平均以下ですが。
    最近のデータでは、「ドライバーイズショー、パットイズダン」ではなく、「ドライバーイズマネー、パットイズショー」です。ビッグドライブをしたときより、ロングパットを沈めたときの方が盛り上がってますしね。

    • ラディのパパ
    • 2016年 6月 16日

    むらさん、こんにちは!

    やはり、飛距離よりも方向性ですよね~。
    クラブのキャッチフレーズに「今までの飛距離を超える!」とかありますけど、あれってどうなんでしょうね?
    わたしは、DRで200yも飛んでくれれば御の字と思ってます。
    アイアンも番手ごとの飛距離が出れば「7Iで190y飛ぶ!」なんて物は要らないよな~とも思います。
    無理をするからスイングがおかしくなるし、深みに嵌って行くんだと思うんですよね。

    先日買った7Wなんですが、少しだけ当たるようになって来ました。
    で、前回のラウンドで、狭いコースでのティーショットに使ってみたんですよ。
    「よーし、飛ばすぞー」
    ブ~ン。
    「ありゃ?空振りしちゃったよ?」
    「よーし、気を取り直して…もう一回…」
    キンッ。
    「あらっ?チョロでOBだ~!」
    と言う一コマがありました。
    その時のわたしも「野獣」と化していたんでしょうね。きっと(^^ゞ

    目の前に池や谷があったり、バンカーがあったりすると自然と力が入ってしまうんですよね。
    本当にコースってよく出来てますよね。
    人間の心理を良く見抜いていると言うか、何と言うか…

    剣豪の宮本武蔵が言うには…
    「幅1尺の板の上を地上でも、高さ1町の所でも同じように歩ける心を持つ事」
    これが「見切る」と言う事だと言ってたらしいですね。

    目の前に谷や川があっても、いつも通りに打つ。
    早く「見切り」の境地に立ってみたいものですね~(*´з`)

    • どうやら、アベレージゴルファーが求めているモノを調べると、
      「飛距離アップ」と言うのが「ベスト3」に入っているらしいですね。
      でも、もし「飛ばないけどボールが曲がらないクラブ」があったらどうします?
      「ドライバーでもMAX200ヤードしか飛びません。でも絶対に真っ直ぐ行く!」みたいな。
      買います?それとも、買わない?(笑)

      7W、やっと慣れてきたところでしょうか?
      私も今回のラウンドでやっと「初デビュー」させたんですよ。7Wを。
      ところがこれがすっごく調子がイイ!打ちやすかったんですよ、すっごく。
      で、「どうしてこんな便利なクラブを今まで使わなかったんだ?」と、
      今頃悔やんでいるんですねっ。
      最初は何となく「上手く打てない感じ」があったんですが、
      実際は全く違う手応えに驚いていますっ。
      パパさんもその内に「印象が変わる」んではないでしょうか。^^

      やっぱり、時代に名を遺す人の言葉は、
      一味違いますね!
      合気道で有名な「藤平光一」が「平常心」を教えてくれているんですが、
      それによると「呼吸が大事」と言っていますね。
      「心を静める事」だと。
      常に走り回っていつも呼吸も荒い私には「無理かも?」と嘆いていますっ。(´;ω;`)ウゥゥ

        • ラディのパパ
        • 2016年 6月 17日

        なにっ?
        200y飛ぶのに曲がらないDRですとっ?
        そりゃ~買うに決まってるじゃないですか!
        いや、売って下さい!是非にでも!(≧▽≦)

        な~んて、そんなクラブ無いですよね~。
        でも、もし本当にあったとしたら、それはそれで売れると思うんですけどね?
        キャッチコピーも「今までの真直ぐ飛ぶとは何だったのか?直進性の新常識!」とか
        「NASAの最新テクノロジーを採用!驚愕の直進性能DR誕生!」とかね~。

        でも、飛ぶ事ってやっぱり魅力でもあるんですよね。
        「同伴者より10y先に飛んでいた」なんて、結構優越感をくすぐられますよね?
        飛距離アップと言うのは、誰もが憧れることなんですね~。

        300y飛んで、絶対に曲がらないDR。
        ¥1,000,000で売ってたら、むらさん買います?( ̄▽ ̄)

      • そのキャッチコピーなら、「爆発的に売れる」のは間違いないですね!
        私なら、即ゴルフショップに出掛けて「あの話題沸騰中のDRをくださいっ」って
        財布を差し出しますよっ。
        パパさん、「コピーライターの才能」を隠しているなんてヒドイじゃないですかっ。
        最近は「人気下降中」なので、ぜひ私の「コレだ!」って言うキャッチコピーを考えてくださいっ。(‘◇’)ゞ

        「300y飛んで曲がらないDR」は確かに魅力的ですが、
        それよりもっと欲しいのは、
        「300y飛んで曲がらないDRを打てる肉体」でしょうか。
        マキロイor松山でイイですっ。(≧◇≦)

    • かずくん
    • 2016年 6月 15日

    結構トップした玉やダフった一打はまっすぐ飛びますよね。
    来週はお客さんとお客さんに成るかもしれない方たちの団体とのコンペです。
    70台で回るうちの営業部長と一緒に参加ですが、出来るだけ多くの方と触れ合うために、別の組での参加にしてもらっています。白い目で見られないように頑張ります。

    • という事は「接待コンペ」ですね?
      白い目と言うのは「上手すぎて」の方だと思いますので、
      ぜひたまに「アッ!」とか言ってわざと「OB」打ったり、「お先パットを外したり」して、
      白い目を回避してくださいね。(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. フェアウェイウッド

    ダブルス戦で勝つための戦略
  2. 信州のゴルフ場

    アマゴルファー・むらから「お・知・ら・せ」
  3. ゴルフ練習

    信州岬
  4. プロレッスン

    速報!信州出身のプロゴルファーが初優勝を飾る!!
  5. ゴルフ練習

    後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。