8月 222016
 

weght traning

今シーズンが始まって既に4か月が過ぎたが、
100以下のスコアが出ていない俺。

丸8年間もゴルフを続けていると言うのに、
未だに「ゴルフ初心者カテゴリー」から脱出できずにいる。

今シーズン、ラウンド数が「月に2回」から50%ダウンしているが、
それでも練習自体はいつものペース「練習場でのボール打ち込み週に2度」はしっかり保ち、
夜の「ゴルフ番組の視聴」も欠かさず行っている。
にもかかわらず、ゴルフを始めた頃と何の代わり映えもない醜態を世間に晒している俺は、
改めて自分のプレーを振り返ってみようと、今シーズンのスコアカードを分析し始めた。

しかし、分析を開始した2秒後にはその結果が出ていた。

「ティーショットのミスショット」

これがスコアを悪くしている元凶だとスコアカードが冷静に物語っていた。

確かに、俺のドライバーショットは曲がる。
右に大きくスライスして行くので、そのほとんどがOBになってしまっている。

だから、ティーショットでしっかりフェアウェイを捉えた時は、
その後のショットが悪くても「ダボ」の成績以上は記録していないので、
二桁のダブルスコアとかボールを紛失するという無駄使いもなく、
とりあえず「ゴルフらしいプレー」が出来ているのだ。

となれば、この「どスライス」さえ無くなれば、
きっとスコアだってもっと良くなるだろうし、
むやみにやたらにコース外にボールをプレゼントする太っ腹な真似はしなくなるのだ。

しかし、不思議な事に、
打ちっ放しの練習場では見違えるほどのグッショッ!を連発している俺。
なので、もはや課題ははたった一つ。

「コースでOBを出さないドライバーショット」だ!

<<続きを読む、、、


4月 302016
 

 iizuna-kogen golf course10

 

今シーズンの初ラウンド、スタートホールでいきなりシャンクに見舞われた俺だが、
ここで心を乱すことなくダボで収めることが出来たのも、
今まで積み重ねてきた「努力」が実っているという証拠だろう。
しかし、次のロングホールでは、
ティーショットでチョロしてしまい僅か50ヤード先にボール飛んだだけだった。

嫌な予感が広がる。
シャンクの次にチョロときたら、
後に待っているのは「ダフり」「トップ」だ。

初ラウンドの2ホールにして、
ミスショットの全てに遭遇すれば、この後のプレーが一体どんな事態が発生するのかくらい
こんな俺でも容易に想像できる。

「このセカンドショットが、成否の分かれ目になるな・・・。」

俺は、左後方で足を止めたシングルKさんと飛ばし屋Tくんの視線を背中に熱く感じながら、
キャディーバックから7番アイアンを取り出しアドレスした。

グリーンまではまだ400ヤードは残っている。
ライをそれほど悪くないから、スプーンかクリークでもスイングは出来る状況だ。

しかし、この場面で俺に求められている事は、
「ボールを遠くへ飛ばす」ことではなく、
「フェアウェイにボールを戻すこと」だ。しかも確実に。

となれば、俺がボールの行方をある程度想像できて、なおかつ、
距離の稼げるクラブと言えば、この番手がマックスだった。

だが、全く不安が無かった訳ではない。

今回の初ラウンド、ドライバーを替えたばかりだけではなく、
アイアンも新しいクラブに交換していた

確かに、打ちっ放しの練習では何度か試し打ちはしていたが、
実践で使用するのはほぼ初めてだった。

<<続きを読む、、、


4月 212016
 

早速、今シーズンの初ラウンドに出掛けた。

選んだコースは「飯綱高原ゴルフコース」
例年なら、まだ雪に埋もれてまだオープンしていないが、
この暖冬のお蔭で4月も早々からゴルフが出来る状況になっていた。

iizuna-kogen golf course

iizuna-kogen golf course2

 

4か月ぶりのゴルフに付き合ってくれたのは、
俺が去年から「ゴルフの基本」を教えてもらっている
シングルゴルファーKさんと、飛ばし屋Tくん。
共に、昨年の最終ラウンドを同伴してもらった2人だ。

この4か月ぶりのラウンドを迎えるにあたって、
2週間前から自主練習をスタートさせていた俺。
久しぶりに打ちっ放しの練習場でボールを打ったが、
とても4か月間のブランクがあったとは思えないほど調子が良かった。

ドライバーは真っ直ぐ飛び、
アイアンは狙ったところに落ちて、
アプローチの距離感もバッチリだった。

クラブを握っていない期間が長かったから通常なら感覚が鈍っていてもおかしくはない状態なのに、
今までよりの調子が良いのには、逆に俺自身も驚いていた。
しかも、練習場での初打ちは、
去年買ってそのまま放置していたアイアンを使用していた。

俺が一目見て「コレ、格好イイなぁー」と、姿と形で選んでポチッとしてしまったアイアン。
自分の実力に全く合っていない事はそのスペックからも明らかだったが、
キャディーバックに入っているだけで脚光を浴びて、
「きっとゴルフが上手なんだろうな・・・」と人から思われるそんなアイアンが
何故かまともなボールを打てていたのだった。

<<続きを読む、、、


4月 302015
 

遂に、
今シーズンの初ラウンドの日を迎えることが出来た俺。

場所は、「飯綱高原ゴルフコース」だ。

iizuna east heights

iizuna kougen golf course1

 

全国的に、絶好な天気に恵まれているゴールデンなウィーク。
予想以上に暑いに日が訪れているが、この「飯綱高原ゴルフコース」がある場所は標高850M。
なので、外界は25度を超える「夏日」を記録していても、
ココは天然クーラーが効いているからとても快適な状況でゴルフが出来る場所だ。

それに加えてプレー料金がリーズナボー!
さらには、「一人予約・当日受付OK!」なので、
一人上手が得意な俺でもゴルフがしたくなっらすぐにタッチアンドゴーのクイックタイムさ。

だが、今回のラウンドは一人予約ではなかった。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。