6月 102016
 

ゴルフハイシーズンの5月を、クラブを振らずに棒に振ってしまった俺は、
やっとゴルフに出掛けた。

場所は、「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」

 

maruko.grandvrio-golfclub

 

そうココは、去年「第8回むらこんぺ」の開催会場となったゴルフ場。
全国から集まってくれたゴルフ初心者達と腕を競い合ったコースに訪れた俺は、
1ヶ月ぶりのラウンドで再び自分の実力を試すことにした。

 

maruko.grandvrio-golfclub1

maruko.grandvrio-golfclub2

maruko.grandvrio-golfclub3

 

天気は良い。
どこまでも青空が広がっている最高の天気だ。

ゴルフをしなかった1ヶ月間、練習場に出掛ける機会もほとんど無かったが、
しかし、本当に何もしないでただボーッと過ごしていた訳ではない。

その分、イメージトレーニングを通常の倍に増やして
このラウンドする日を待ち侘びていた。

使用したイメージは、「ゴルフの真髄」
特に、「三枝こころ」がゲストに出た回を何度も見ては、
「この子、めっちゃヤバイじゃん!と思いながらも
「俺もゴル友に加えてくれないかな?」と別の野望を膨らましていた。

<<続きを読む、、、


10月 142015
 

grandvrio

 

遂にこの日がやって来た。

俺の「ゴルフの集大成」を発揮する日、
「第8回むら感謝還元コンペ」の日が。

ゴルフを始めて既に8年。
一向に上達しないゴルフにいつも、
「どれだけ頑張ればいいのか?」
と自問自答を繰り返しながら練習してきた俺。

「誰かの為なの?いいや、違う・・・。」
と分かっているのに、俺の決意はいつも揺らいでしまっていた。

いつも、結末ばかりに気を取られて、
この1打の瞬間を楽しめない、そんな状況が最近では続いていた。

良くなってきたと思っていたドライバー。
「右曲がりのダンディー」が復活していた。

新しく買ったアイアンも、
俺の思いと反して「タダの重たい金属の棒」と化していた。

そんな状態にめまいを感じ、
綺麗に刈り込まれたフェアウェイではなく
芝の伸びたラフをもうろうと歩いていた俺。

「もしかしたら、夢じゃないのか?あれもこれも・・・。」
と現状を受け入れずに悲しみの扉を閉めていたが、
しかし、この日がやってきたのなら、
この手でドアを開けなければならない。

そうさ。俺は今、
祝福が欲しいのだ

ゴルフに対して、
悲しみしか知らずに独りで泣いてた日々とオサラバをして、
光り輝く魂、この「ウルトラソウル」
全身で感じたいのだ!

今こそ胸を張ろうじゃないか。
そして、この「むらコンペ」で暴れまくってやるのだ。

今日こそ羽ばたけ、
俺のウルトラ魂よ!(Hi)


8月 282015
 

News of the golf competition

 

時が過ぎるのは本当に早いもので、
今年も既に一年の半分が過ぎてしまいました。

ここ信州でゴルフが出来るのも、
あと3ヶ月くらい。

という事は、例えば「月に2回」ゴルフをするとしたら、
「残り6回のラウンド」でまた私の一年が終了するワケです。

「ちょっと待ってちょっと待って、おにーさん!
6回ラウンド言うても色々あるやん、
コンペ、プライベート、ゴルコンどれですの?」

と、今ではもう記憶の彼方に忘れさられたリズムネタにお答えすると、
「もちろん、ゴルコン!」って、
満面な笑みを浮かべて返事したい希望はあるのですが、
それは今のところ「叶わぬ夢」ですねっ。

ちなみにちょっと聞きたいんですけど、
「ゴルコンに参加したことある」って人、
どのくらいいます?

私の周りでは皆無なんですが・・・。と言うか、
この信州で「ゴルコン開催!」って聞いたことがナイんですけど、
他の地方では結構盛んなのでしょうか??
もし、参加したことあるって人がいましたら、
是非「ゴルコンの話」を聞かせてくださいね。もちろん、コッソリと。(笑)

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。