9月 102015
 

「習うより慣れろ!」という言葉があるが、
心を鍛えることに一番効果的なのは、まさに「初めてのコースでのプレー」だろう。

右も左も分からず、
どこが狙い目でどこがハザードになっているのか知らず、
ホールロケーション、フェアウェイの様子、グリーンの状態など
見るもの感じるものその全てが未体験となれば、誰だって心は不安で一杯になる。

俺は、そんな不安な状態を逆手に取って、
「自分の心を鍛えるラウンド」を決行していた。

myokosunshinegolf3

 

そうさ。「ゴルフはメンタルなスポーツ」なのだから、
ショット精度を高めることと同様にプレッシャーに打ち克つ心を鍛えて行かなければ
今以上の上達は望めない。
ゴルフを始めて既に7年。
「むらコンペ」の開催が近づいている中で、もうそろそろ「ゴルフ初心者」から脱しなければ
俺のゴルフに「未来はナイ!」と烙印を押されてしまうのさ。

<<続きを読む、、、


8月 112015
 

mortifying

前半のスコアを全てリセットして、
「ガチンコ真剣勝負」の後半戦が始まった。

第1打目のティーショット、
俺はこれまでに感じた事のない緊張感に襲われていた。

今の俺にはドライバーショットの不安はない。
例えそれがもしミスショットだとしても、
昔の様に「曲がる・飛ばない・OB」という三重苦になる可能性は極めて低い事は分かっているのに、
なぜこれほどまでに心臓がバクバク言っているのか?

ご祝儀が懸かっているからなのか?
それとも、
男と男の真剣勝負という理由なのか?

1打たりともミスは出来ないという状況が、
こんなにも大きなプレッシャーになるとは想像すら出来なかった俺は、
固く強張った身体で思いっ切りドライバーを振り切ったのだった。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。