10月 262016
 

9th.mura-compe6

 

順調なスタート切った「むらコンペ」の前半戦。
3ホール目は、グリーンの位置が見えないブラインドホール。

しかし、この「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」で何度も苦渋を舐めている俺には、
ティーショットの打ち出し方向がしっかりインプットされている。

フェアウェイに小さく見えている旗をきっと誰もが「狙い目」にするだろうが、
そんなありきたりのコースマネジメントでは優勝することは不可能だ

出来るだけグリーン近くにボールを運び、
得意な距離でのアプローチでベタピンに寄せて、
1パットのバーディー。

絵に描いたような格好の良いプレーを同伴者に魅せつけ、
彼らの戦意を叩き潰して「どうやってもむらさんには敵わない」と心に劣等感を植え付け、
自分が主導権を握ってプレーを進めることが優勝するためには最も重要な戦略なのだ!

IPの黄色い旗はティーグランドから左に見えるが、
俺の狙い目はもちろん右側のり面方向だ。

ここでも俺のドライバーはイメージと寸分の狂いもなく、
狙い目に向かって飛んで行ったのだった。

ひらじいさんは、セオリー通り黄色い旗狙いののナイスショット。
ヨーコさんも同じくしっかりフェアウェイをキープしていた。

きっと二人の眼には、
「むらさんのドライバー、全然スライスしないじゃないの」
と映っている事だろう。

確かに、今日の俺のドライバーは真っ直ぐ飛んいる。
飛距離も自分でビックリするくらい飛んでいるから、
内心は「どうだ!スゲぇだろ!!」と優越感で一杯だった。

しかし、このまま好調なショットを繰り出していたら、
俺は「嘘つきむらさん」と呼ばれてしまう危険性がある。

日記では、「永遠のどスライサー、ゴルフ初心者の全国代表」などと言っておきながら、
実際は「全く違う!」となれば、
・嘘つき
・偽善者
・ペテン師
・オオカミ少年
・与太郎
・最低!
・もう近寄らないで!!
などと呼ばれ、
愛想と共に三下り半を突き付けられて、
一人孤独なオンリーロンリーゴルフライフを送ることになってしまう。

そんな寂しい生活だけは絶対に避けなければならないが、
しかし、この好調は維持したい!
さらには、悲願の「優勝」をこの手に掴み、
ドラコンニアピンの他、全てのアトラクションに名を残して、
おまけにコンペ賞品までも総取りでゲットしたい!!
そして俺は、未だに誰も成しえていない「コンぺ主催者優勝」という空前の記録を
歴史に刻み込みたいのだ!!!

<<続きを読む、、、


10月 022016
 
 the9th-muracompe

 
コンペシーズン真っ盛りの今日この頃ですが、
調子はいかがでしょうか?

先日、私もとあるコンペに参加したのですが、
当日はなんと。しかも、途中から「横殴りの土砂降り」の中でプレーを続行し、
今シーズン最高スコア(いや、最低のスコア?)の記録を更新してきましたっ。
えぇ、「100叩きの刑」ですっ。

ですが、順位はなんと「7位」をゲット!

秋のコンペに相応しい賞品
「採れたて新鮮!秋サンマ5キロ」をもらい、
その日の夜から3夜連続で<サンマ二匹」が夕食のおかずになっている毎日ですっ。

えっ、「スコアはいつだったのか?」ですって?

そんな恥ずかしい事、
こんな不特定多数どこの馬の骨だか分からない人が読んでいる場所で
公表できませんって!

まぁ、「4パットを2回も叩いてしまったっ。(汗)」だけ
お伝えしておきましょうー。
 

さて、「第9回むら感謝還元コンペ」の開催日が、
遂に今週末あと1週間後に迫ってきましたね。

今年も、信州在住のゴルファーはもちろん、
関東甲信越のゴルファーさんからもエントリーをもらっています。

エントリーしてくれた方の中には、
なんと「初参加!」の人が二人もいるんですよ!

こんなコンペに一人で乗り込んでくるなんて、よっぽど強心物好きな人だと思いますが、
私、初対面の瞬間に、今からドキドキしているんですねっ。チキンボーイなのでっ。
って言うか、初参加のの人はもっとドッキドキ!だと思いますけど。(^^;
今日は、「むらからのお知らせ」がありますので、
特にコンペ参加者は要チェックしてください。

<<続きを読む、、、


5月 102016
 

shank

 

今シーズンの初ラウンドでいきなりのシャンクに見舞われた俺だが、
実はその後のプレー中にも2回ばかり飛び出ていた。

となればやっぱり、「また出たらどうしよう・・・?」と急に臆病者になってしまうのは当たり前で、
気持ち良くクラブを振り抜くスイングから「出たら怖い。出たら怖い」とビクビクしながら
恐る恐るのスイングになってしまう。
その姿はまるで、誰もが寝静まっている真夜中の深夜に一人で便所へ行けない子供の様で、
そんなチキンでコケッコッコーな俺の姿がシーズン始めから出現していたのだ。

これではもはや、「ゴルフ初心者」の名を返上して今後は
「ゴルフ初体験者」と改名しなければ周りの人からは
「まぁ、生まれて初めてゴルフするんじゃ仕方がないよね。」
その下手さ加減を納得してもらえないだろう。

しかし、不思議だ。
なぜシャンクは出るのだろうか?
しかも、ラブストーリーと同じくらい「突然!」やってくるのは一体どうしてだろうか?

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。