10月 262016
 

9th.mura-compe6

 

順調なスタート切った「むらコンペ」の前半戦。
3ホール目は、グリーンの位置が見えないブラインドホール。

しかし、この「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」で何度も苦渋を舐めている俺には、
ティーショットの打ち出し方向がしっかりインプットされている。

フェアウェイに小さく見えている旗をきっと誰もが「狙い目」にするだろうが、
そんなありきたりのコースマネジメントでは優勝することは不可能だ

出来るだけグリーン近くにボールを運び、
得意な距離でのアプローチでベタピンに寄せて、
1パットのバーディー。

絵に描いたような格好の良いプレーを同伴者に魅せつけ、
彼らの戦意を叩き潰して「どうやってもむらさんには敵わない」と心に劣等感を植え付け、
自分が主導権を握ってプレーを進めることが優勝するためには最も重要な戦略なのだ!

IPの黄色い旗はティーグランドから左に見えるが、
俺の狙い目はもちろん右側のり面方向だ。

ここでも俺のドライバーはイメージと寸分の狂いもなく、
狙い目に向かって飛んで行ったのだった。

ひらじいさんは、セオリー通り黄色い旗狙いののナイスショット。
ヨーコさんも同じくしっかりフェアウェイをキープしていた。

きっと二人の眼には、
「むらさんのドライバー、全然スライスしないじゃないの」
と映っている事だろう。

確かに、今日の俺のドライバーは真っ直ぐ飛んいる。
飛距離も自分でビックリするくらい飛んでいるから、
内心は「どうだ!スゲぇだろ!!」と優越感で一杯だった。

しかし、このまま好調なショットを繰り出していたら、
俺は「嘘つきむらさん」と呼ばれてしまう危険性がある。

日記では、「永遠のどスライサー、ゴルフ初心者の全国代表」などと言っておきながら、
実際は「全く違う!」となれば、
・嘘つき
・偽善者
・ペテン師
・オオカミ少年
・与太郎
・最低!
・もう近寄らないで!!
などと呼ばれ、
愛想と共に三下り半を突き付けられて、
一人孤独なオンリーロンリーゴルフライフを送ることになってしまう。

そんな寂しい生活だけは絶対に避けなければならないが、
しかし、この好調は維持したい!
さらには、悲願の「優勝」をこの手に掴み、
ドラコンニアピンの他、全てのアトラクションに名を残して、
おまけにコンペ賞品までも総取りでゲットしたい!!
そして俺は、未だに誰も成しえていない「コンぺ主催者優勝」という空前の記録を
歴史に刻み込みたいのだ!!!

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。