6月 242016
 

minami-nagano golfclub5

 

「南長野ゴルフ倶楽部」での後半戦、
ドライバーショットの修正に「意識するだけは限界がある」と感じた俺は、
普段通りのスイングで臨むことにした。

「気持ち良くクラブを振り切る!」

もう、これに尽きる。

血液型から判断しても、アレコレ色々考えてスイングするよりとにかく何も考えずにスイングする事が
やっぱり自分に一番合っているし、俺はそうやって自分の人生を切り開いてきた。

・後先は考えない
・ダメだったら諦める
・今が一番大切

これが俺の座右の銘なのだ!

思考をリセットした第1打目。
トップボールのゴロだった。
元気の良いラフは俺のボールを食って僅か100ヤード転がっただけで、
まだフェアウェイの始まりにも届いていなかった。

5番ウッドでの2打目は右に飛び出し、
つま先上りの3打目は左に引っ掛け、
4打目でやっとグリーンに乗せることが出来た俺。

しかしここからは、
高速グリーン対応に「羽毛タッチモーション」に切り替えた俺の見せ所だ

10mの下り、スライスライン。
当然1パットでは入らないから、カップ半径1mに寄せるだけでいい。
狙うは、カップを少し過ぎた残りが上りラインになるあの場所だ。

この、触れるか触れないかの微妙な距離感で上下に這わしてきた俺の「魔法の指先」なら
それくらいのタッチを出すことはお安い御用さ

しかしボールは、カップを過ぎるどころか1m内にも届かず、
下りラインが1.5mも残ってしまっていた。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。