9月 282016
 

どう考えても俺たち「アダルトチーム」不利なダブルス戦

年老いた身体で体力も衰え、
右も左も夏子もとん平も分からない初めてのコースで、
今シーズンは「100切り」すら一回も出来ていない俺。

いくら「シングルゴルファーKさん」とペアになっているとは言え、
相手チームは若い力で獣のように襲い掛かる「ヤングチーム」
一瞬の気の緩みも許されない状況だ。

前半戦は、俺たちアダルトチームが運良く「-3打」リードしたが、
それがアッと言う間にひっくり返ってもおかしくはない。

俺のドライバーショットがいつ「本来の姿」を取り戻し、
青く澄み渡った大空にキレイなカーブを描きながら白杭の彼方に消えて行っても
全く不思議ではないのだ。

nagano-international country club7

 
「妙高コース」のティーショット、
両側の木がせり出してフェアウェイが狭く感じる打ち下ろしのホールで、
俺は、左のラフにボールを残す事に成功していた。

シングルKさんはボールを右に曲げて林の中へ。

対するヤングチームの飛ばし屋Tくんは、
安全策のアイアンティーショットでフェアウェイをキープし、
アスリートKくんは、右に大きくボールを曲げて林の中へ突入していた。

「ヨシっ。この調子なら今日こそはイケるかも知れないぞ。」
小さく拳を握り締めてガッツポーズをした俺だったが、
実は心の中では、
「でも、どうして今日はスライスが出ないんだろう・・・?」
と疑問の答えを探し求めていた。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。