4月 302016
 

 iizuna-kogen golf course10

 

今シーズンの初ラウンド、スタートホールでいきなりシャンクに見舞われた俺だが、
ここで心を乱すことなくダボで収めることが出来たのも、
今まで積み重ねてきた「努力」が実っているという証拠だろう。
しかし、次のロングホールでは、
ティーショットでチョロしてしまい僅か50ヤード先にボール飛んだだけだった。

嫌な予感が広がる。
シャンクの次にチョロときたら、
後に待っているのは「ダフり」「トップ」だ。

初ラウンドの2ホールにして、
ミスショットの全てに遭遇すれば、この後のプレーが一体どんな事態が発生するのかくらい
こんな俺でも容易に想像できる。

「このセカンドショットが、成否の分かれ目になるな・・・。」

俺は、左後方で足を止めたシングルKさんと飛ばし屋Tくんの視線を背中に熱く感じながら、
キャディーバックから7番アイアンを取り出しアドレスした。

グリーンまではまだ400ヤードは残っている。
ライをそれほど悪くないから、スプーンかクリークでもスイングは出来る状況だ。

しかし、この場面で俺に求められている事は、
「ボールを遠くへ飛ばす」ことではなく、
「フェアウェイにボールを戻すこと」だ。しかも確実に。

となれば、俺がボールの行方をある程度想像できて、なおかつ、
距離の稼げるクラブと言えば、この番手がマックスだった。

だが、全く不安が無かった訳ではない。

今回の初ラウンド、ドライバーを替えたばかりだけではなく、
アイアンも新しいクラブに交換していた

確かに、打ちっ放しの練習では何度か試し打ちはしていたが、
実践で使用するのはほぼ初めてだった。

「絶対、絶対にこのショットだけはミスが出来ない・・・ぞ。」

背中に感じていた視線はさらに熱くなって俺の身体を硬直させる原因になっていたが、
俺をクラブを振り切った。

「ナイスショーット!」

心地よい歓声がコースに響く。
クリーンにインパクト出来たボールは、春の青空に高く舞い上がりながら
フェアウェイのど真ん中に飛んで行った。

「ヨシっ、これならきっと大丈夫だぞ!!」

俺は、小さい声で自分にそう言い聞かせて、
全身にまとわり付いていた不穏な空気を拭い去ったのだった。

グリーン上ではパットを「1打」で決めて、このロングホールを「トリプルボギー」
ボールのラインもグリーンもタッチも悪くは無い。
やはり、これまで7年間も積み重ねてきたものはしっかり身体の中に蓄積されているだ。

次のショートホールではダボだったが、
その後のミドルでは、いきなり「本日一番!」という当たりが出ていた。

「むらさん、ナイスショットですねー!
その新しいドライバー、イイ感じじゃないですかー。」

俺のビッグドライブを見ていたシングルKさんが声を掛けてくれた。

「サンキューですっ。でも、
ドライバーを替えたってどうして分かったんですか?」

実は俺、ドライバーを替えた事をKさんに内緒にしていた。

なぜなら、今まで俺が使っていたドライバーは、
ちょうど1年前の春にKさんに選んでもらったドライバーだったからだ。

それをアッサリ1年で捨てて、何の相談もなく勝手に別のドライバーに交換したとは
心は弱いが神経は極太な俺でも言い出せなかったのだ。

そんな俺の非道徳な行動に全く怒る事も無くKさんは、
そのドライバー飛ぶんですよねーと言いながら、
「私のFwも同じメーカーですよ!」とホラっとクラブを見せてくれた。

それは俺が選んだクラブと、メーカーも年式も一緒の
「ツアーステージX-DRIVE GR」だった。

 

011iizuna-kogen golf course6

iizuna-kogen golf course8

 

このミドルホールを「パー」として初ラウンドから幸先の良い状態だったが、
やはり俺の幸せは長くは続かなかった

上手く打ったはずのティーショットが「池ポチャ」になり、
30cmのパット外して3パットを叩き、
8番アイアンではまたシャンクし、
左ドックレッグのホールで、ドライバーが特大スライスしてOBになり、
9番162ヤードのショートホールでは8打を叩いて、
前半のスコアが「59打」だった俺。

得意と思い込んでいるパットも「20打」で、3パットを3回も記録していた。

何とか屈辱的な60台をクリア出来たとは言え、
今シーズンの初ラウンドから、再び「ゴルフ初心者」大々的にアピールしてしまっていた。

「くっそ~。次は「10打」スコアを縮めてやるぞ!」
と意気込んで臨んだ後半戦。

この「飯綱高原ゴルフコース」は、
9ホールを2回プレーして「1ラウンド」とするコースだから、
決して無謀なスコアではない。

しかし結果は、「56打(19パット)」で
合計スコアを「115打(39パット)」で終了した俺は、
ズタボロになった身体と心を引きずって蒼く輝く飯綱高原を後にしたのだった・・・。

 


  16 Responses to “7年間積み重ねてきたモノ”

  1.  よくユピテルのヘッドスピードや飛距離が測定できるやつで、計測しています。
     その機械の正確性はともかく(いつもショップである計測器よりは厳しく出ます。)、昨日は、自分の体力のなさに愕然とさせられました。
     今までなんとなくは思っていたのですが、最初、ちょっとショートアイアンを打って体をならしてから20球ぐらいは、HS45前後出ていました。が、100球ほどFW等を打ったあと10球ほど計測すると42前後で、そこから50程打ったあとは、40そこそこに落ちました。
    勿論コースでそんなには打ちませんが、走ったり、斜面を登り降りしたりしますので、やはり体力を付けないと安定したスコアは出ませんね。

    • へぇ~、ヘッドスピートの計測器を持っているんですね?
      H/S45とはスゴイですね!
      でも、ボールの打ち込み練習の「ビフォア・アフター」では、
      誰でも体力が落ちていません?40以下にならないんでしたら十分かと。
      だって、それでも私よりH/Sが速いんですからっ。(悲)

  2. 明日はプレー代の高い。10年早いと言われてしまうコースに行ってきます。
    そこで実力試してきます!
    しかも、本当に不思議なんですけど、8番アイアンが、オフシーズンの間に神隠しにあいました。武士の刀ともいえるクラブがないのにいささかショック。
    でもなんとか割り切って、8番ないから、7番短く持とうと今日も、そして明日も戦います。でも単純に恥ずかしい( ; ; )
    むらさん100切りガンバです。
    自分は100切りは早くて4ラウンド目に91だしました。そこから悩みましたけど、今はスッキリしてます。深く考えぬいてから、整理できてる感じです。
    100切りはダフリトップしなければ簡単です。自分なりの支点を見つければ大丈夫!軸はダメ!
    支点はいっぱいありますけど今私は2点だけ意識してます。軸のイメージは持たない事です。海外では軸なんていう概念ないみたいですし。簡単にブレますし。

    • おっ、今度は「名門ゴルフ場」に行くんですね?
      ぜひがんばって、いや「そこそこがんばって」くださいっ。(^^;
      あら?、アイアンが「神隠し」ですか?場所はどちらで?練習場?コース?それとも「湯屋」ですか?(笑)
      へぇ~、ゴルフを始めて4ランド目で「100切り」したとはスゴイですね!
      なかなかそこまで上達する人って逆に珍しいんでは?
      ちなみに、コースに出る前って、かなり練習を積んだと思うんですけど、
      一体どのくらいの「練習期間」があったのでしょうか?
      ところで、アドバイスありがとうございました!
      その「支点」というアドバイスは結構意外ですねー。しかも「いっぱいある」と。
      最近私もある動画で「支点」を解説しているヤツを見掛けたんです。
      じゃあそれをしっかり勉強してみますネ!

      • 輪厚で52.45=97でした。
        雨と風で難しかったです。風の計算2クラブあげなきゃいけない判断はもう少し経験ないとダメですね。とほほでした。
        でも一緒に回った人も別なゴルフ場でクラチャン取った人でしたが、86だったので、まだ救いです。

        コースに出るまでの練習期間は冬の間の4ヶ月でした。

      • 早速のラウンド報告、ありがとうございました。
        やっぱり「名門の壁」は高かったですか?(笑)
        でもそんな中でも「90台」とは見事です!
        クラチャンが「0ハンデ」とすると、まさしく「シングル級」の腕前ですよね。
        しかも、練習期間が「たった4ヶ月」でもうそのレベルになるとは、
        もしかして「天才」とか呼ばれていませんか?
        「何をどうやったら上達した」とい言うことがあれば、
        今度こっそり教えて下さいネ!^^

  3. 初ラウンドしてきました!42.45の87でした。トリ1 ダボ3が痛かった。パターは外しごろなパーパットがよく入りました!

    • えっ!なんですと!?「87打」ですって!!??
      確か私とゴルフ歴が「同じくらい」とか言っていませんでしたか?
      それなのに、それなのに・・・。(涙)
      おめでとうございました!!^^

  4. むらさん、こんにちは!

    先日「二〇ゴルフ」に行き、アイアンのグリップを交換して来ました。
    で、そのついでに「ライ角調整」なるものにもチャレンジしてみたんですよ。

    「ライ角調整って出来ます?」
    「はい、大丈夫ですよ!」
    「じゃあ、せっかくだからやってもらおうかな?」
    「では、こちらへどうぞ~!」.

    って事で、鳥かごの中に連れ込まれ…
    「じゃあっと…6番でも打ってもらいますかね~」
    「了解~!」
    ソールにシールを貼った6Iを振ること3回、ほぼ同じところにショットマークが付いていました。

    「あ~、お客さんは+2°ほどアップライトにした方がいいですね~」
    「なるほど、トゥ寄りにマークが付いてるもんね~」
    「そうなんですよ。このまま使っているとボールが右に出やすいんですよ!」
    「なるほど!だからいつも右に飛んで行っちゃうのか~!」
    右だけじゃなく左にも飛んでしまっている現実から目をそむけ、店員さんの言葉に頷きながら、ライ角調整もお願いしました。

    その翌日…
    愛しのアイアンちゃんを引き取りに行き、試打もしないで昨日の日曜日ラウンドへ…
    行った先は、年に4~5回は行く、準ホームコースでした。
    結果、54打22パット、56打18パット、合計110打、40パット。
    ライ角調整の結果としては「う~ん?」と言う感じです。
    まあ、やらないよりはやった方がいいのかな~?
    自分に合った道具を使っているという「信頼感がある」みたいな感じですかね?
    先日の練習で確認した「スイング」も、前に横たわるバンカーやクリークの存在感に負け、いつものスイングに戻ってしまいました…
    そして、アプローチとパッティングの感が狂いまくり、4パットが1回、3パットを5回もやっちゃいました。

    落ち着いて振ればなんてことないのに、障害物に惑わされてしまうのは何故なんでしょうね?
    それが設計者のワナだとは知っていても、みすみすそれに嵌まってしまうとは…
    50も過ぎた親父がそんな小手先のワナに嵌まっているようじゃ本当に情けない限りです。

    むらさん、わたしもとうとう「アレ」を出す時が来てしまったようです。
    そろそろ封印を解いてもいいですよね?
    そう、門外不出の必殺技。
    「池やバンカーなんて…有っても見えないよ~!」をね…(;’∀’)

    • おっ、「ライ角の調整」をしたんですね。
      実は私ももうのすご~く気になっているんですが、アレ、「出来るクラブ」と
      「出来ないアイアン」ってあるんですよね?
      私の住んでいる信州にもフィティングしてくれるところがあるんですけど、
      それは「ミズノ」なんですねー。
      他メーカーを使っているので、そもそも行きづらいのと、
      相談したら「ミズノ」を買わないとイケないような気がする小心者なので、
      未だにな~にもしていませんっ。
      ですが、「信頼感が持てる」という思い込みは私に一番必要な事ですので、
      今度ちょこっと覗いてみたいと思いますっ。

      ほんと不思議なもので、バザードって「気にしない」と思えば思うほど「気になってくる」んですよねー。
      あれは一体なぜなんでしょうか?

      その「必殺技」も効果があると思いますけど、実はもっと効果がある技があるんですよ!
      知りたいですか?(笑)
      じゃあ、特別にコッソリ教えますね。
      「眼をつぶって打つ!」
      これなら「見えない」でしょ。!?ヾ(≧▽≦)ノ

      • 「ライ角調整」って、やっぱり気になりますよね?
        ただ、軟鉄のアイアンじゃないと出来ないそうですよ。
        確か、むらさんのアイアンも軟鉄ですよね?
        それならきっと出来るはずですよ。

        調整する時、万力でクラブを挟んで曲げるので、若干の傷が入るそうです。
        それだけは我慢してください。
        わたしのアイアンは、良い加減にキズが付いていたのでどれが万力のキズなのか判らなかったですけどね~( *´艸`)
        自分で簡単に判断したいなら、ショットマーカーをソールに貼って2~3回ボールを打ってみると解りますよ。

        「眼をつぶって打つ!」ですか?
        一度、本当にボールが打てるか試してからじゃないと使えない大技ですね~(;’∀’)
        まさに「心眼で打つ」って事ですね?
        でも、打つ前に前方の景色を見ちゃってるんで…
        結局「あ~、あの辺にバンカーが有ったな」とか思い出して、力んで打ってたりして( *´艸`)

        先日のラウンドでお昼を食べていた時、隣のテーブルから声が聞こえて来たんですね。
        「え~、スコアを確認させてくださいね」
        「Aさん45、Bさん47、Cさん43、わたし57でいいですか?」
        「はい、オッケーで~す!」
        おいおい、ちょっと待ってくださいよ?
        3/4の確率で100切り確定じゃないですか?
        あれあれ?
        世のゴルファー達の7割近くは「100切り出来ない」ってうそじゃないですか?
        これって、そのテーブルの人達の75%が100切りしてる事になりますよね?
        おっかしいな~?

        うん?
        でもよく考えてみたら、わたしとママは二人とも100オーバーですね~。
        すると100%の確率で100切り出来てないって事か…

        むらさんの廻りは、どんな確率ですか~?(;’∀’)

      • へぇ~、「ライ角」ってそんな原始的な方法で調整するんですか?万力だなんて。
        でもそれだと「微妙な調整」はどうするのでしょうか?
        だって、力加減によっては「ヤバっ、曲げすぎちゃったよっ」みたいに失敗することもありそうな?
        「今度のこっちに・・・」と逆曲げで遂には「金属疲労」でポキッと!
        という事は、クラフトマンで「鍛冶屋の職人」みたいな腕前なんですね!(笑)

        なるほど~。その「確率」は面白いですね!
        私の廻りの確率は、「私以外」は100未満ですね。
        で、私だけ常に「100オーバー」なので、
        「世の中の7割は100切り出来ない法則」は成り立っていますね!(笑)

  5.  ドライバーは良いけど、結果が付いてこない‼って言うやつですね。そう言えば元プロレスラーの谷津は今どうしているのでしょうか?
     
     私は、結局前回と同じコースに行ってきました。なにしろ土曜日6,000円食事付き、楽天一人予約1番目は500円引き、4月2度エントリーで500ポイント、ゴールデンウィークは別に10%ポイントが付く。土曜日で実質4,500円ですからね。

     前回61のOUTが56。はじめの頃はまあまあの滑り出しも、300無いショートのパー4、グリーン前のポットバンカーを避けて3wを持った所、引っ掛けてOB。5打目で乗せたけど、超絶変態グリーンで、絶対ダメと言われる上段に乗せたため、ちょこっと蚊が指した位に触れたボールはグリーンから転がり落ちて、結局ここを9としてしまった。
     前半終わって56。先週が61だったことを思えば、後半に期待できるかな?前回は53だったし。
     3ホール目から4連続を含め5OB。どれも当たりは悪くなかった。ショートを除く。
     持ち玉がフェードなので右ドッグレッグを正面に打ち出したら真っ直ぐ行ってOB、それならと若干右を向けば、ちょっとだけさらに右に出て、落ちたところが狭くてOB…とまあ、当たりは良いけど、結果が!

     ここはJGOの公式ハンディキャップが設定されていないコースなので、私の20.8は増えませんけどね。喉元過ぎるまでは、どんなに安くともこのコースは封印しよう。

     私も、Gドライバーに新調したばっかりだし、FWもXRに替えて間もないし。くどくど。
    言い訳は止めて練習しよ。

    • ドライバー、アイアン共に自分では「イマイチ」だったんですけど、
      同伴者からは「イイ球打てていたね」という言葉をもらったんですね。
      「意識と感覚が付いてこない」というやつですっ。

      そー言えばの「谷津さん」ですが、何をやっているんでしょうね?と言いながら誰なのか全く知りませんけどっ。
      もしかして、かずくんは「プロレスファン」ですか?

      このGWは、いつものコースでプレーでしょうか。ほんと、お得なゴルフ場ですね。
      かなり慣れ親しんでいるとは思いますが、それでも上手く行かないところに
      さらにモチベ―ションも上がってきますよねー。
      その「超絶変態グリーン」って、「一体どのくらい変態なのか?」とっても興味がありますけど、
      春も本番で陽気も良いので、きっと次回からは「納得のゴルフ」が出来るんじゃないです?
      ぜひ、新しいクラブのレビューもお待ちしていますよ!^^

  6. はじめて来ました。面白いですね!私は今シーズン初ラウンドが後3日後に迫っててワクワクドキドキです。
    ゴルフ歴も6年目なので近いですね。

    • コメント、ありがとうございました。また、お越しいただき、感謝申し上げます。
      でも、「変なところ」に迷い込んじゃいましたネ。
      さて、ゴルフ歴は私とほぼ同じという事ですが、調子はどうですか?(笑)
      ぜひ、今シーズンの初ラウンドを楽しんでくださいね~。
      結果報告もお待ちしていますよ。^^

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。