ゴルフ練習

オフシーズンの練習方法

ゴルフ練習場

まぁ、相変わらずオフシーズンの間は、
全く練習しなかった私ですが、
ゴルフの練習を再開するに当たって
「コレってどうなの?」とフト疑問に思ったんですよ。

コレと言うのは、
「オフシーズン何もしない」って事なんですけどね。

春になったからまたゴルフをするじゃないですか。
久しぶりに。

私の場合、12月から3月末日までは「完全オフ」なので、
約4ヶ月間もゴルフからグッバイしているんですけど、
この「4ヶ月間何もしない」っていうのは、
「やっぱり、ゴルフの上達の妨げになっているんじゃないか?」
と、フトそう思ったんですよ。

で、どう思います?

「どう思うもこうもないよ。それはナシだろ。」
って思うか、それとも、
「いや、ゴルフから距離を置く時間も必要だと思うよ。」
と感じるのか?

いやね、言い訳じゃないですけど、
私の住んでいる信州って、雪が降るじゃないですか。
それもすっごく。

もう、目の前に見える場所は、
「銀世界」なワケですよ。辺り一面見渡す限りに。

そんな状況の中で、
「やっぱりゴルフだぜ!」
っておかしいと思うんですよね。

寒いし、冷たいし、体は動かないし。

それに、打ちっ放しのゴルフ練習場に行ったって目の前は真っ白なので、
ボールが一体どこに落ちたのかも分からないんですよ。
雪が降っている時なんか、ボールの行き先だって不明になりますから。

まぁ、私のプレーではいつも「ボールの行き先が不明」 なことが多いんですけどっ。

とにかく、
そんな状況の中で「ゴルフの練習をする」人の方が、
逆におかしいと思いません?

「いや、思わないよ。」

そうですか、そうですか・・・。
やっぱり思いませんか・・・・・。

あっ、今ですね、
私が小学生の頃に、通知表に書かれていた内容を思い出しましたよ。

【継続は力なり】ですよ。サボらずにかんばりましょう。」

大人になっても、
性格って変わらないモンですね・・・。

 

ピックアップ記事

  1. これから俺の進む道
  2. アスリート達のコンペに参加した
  3. 後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
  4. アマゴルファー・むらから「お・知・ら・せ」
  5. 大都会で、日常的にゴルフ練習をする方法

関連記事

  1. ゴルフ練習

    パッティングを科学する

    「パットに型なし」なんて言葉があるが、「これは…

  2. ゴルフ練習

    1ヵ月ぶりのラウンドは、あの「思い出のコース」だった。

    ゴルフハイシーズンの5月を、クラブを振らずに棒に振ってしまった俺は、…

  3. ゴルフ練習

    「ゴルフの基本」の理解

    俺の、今シーズン初ラウンド決まった。今日から一週間後の4月…

  4. ゴルフイベント

    法の下の平等

    「すべて国民は、法の下に平等であって、経済的又は社会的関係において…

  5. ゴルフ練習

    なぜ、上達しないゴルフを続けているのか?その理由は・・・?

    まぁ、相変わらず「あーでもないこーでもない」と…

  6. ラウンド

    苦痛との闘い

    「うっ、痛たたたっ。」初ラウンドを…

コメント

    • かずくん
    • 2015年 3月 28日

    実は先週、今週と河川敷のハーフに行ってきました。
    そこですごいことが起きてしまいました。
    いえ、スコアは52、49。パットも21、19といつも並みですが、先週まで、チーピンか、左へ真っ直ぐOB、たまに真っ直ぐ飛んでも、ランをいれて230yがやっとと言うドライバーショットが、FujikuraのMoterspeeder Evolutionの46.75インチのお陰か、後半追い風もありましたが、なんと275y,265y,260yと連発するではありませんか! 勿論前半は2打目が何故かフロントティーの位置からとか、トップして150yしか飛ばなかったりとか、ティーグランドを囲っている背の低い木の中へ打ち込んで、アンプレイヤブルとか。最終ホールは20y程先の木からボールが落ちて来なかったりしましたが、河川敷なので打ち下ろしではないし、ティーグランドもそんなに高くないし。
    5月のコンペまで待てない❗早くまた行ってまぐれじゃないと確かめたい。
    でもスコアは変わらないね。やはりドライバーの飛距離じゃないよね。
    でも475Yの2打目が、200y切ってたときにはちょっと嬉しいよりビックリしました。グリーンが空くのを待って打った2打目はトップして150yも飛ばなかったですがね。

    • かずくん。
      なになに?「凄い事が起きた」ですと?
      えっ、ドライバーの飛距離が「260Yオーバー」!
      マジですか、それは!?
      しかも、3回連続で飛ばしているってなれば、それはもう「奇跡」ではありませんね!
      実力ですよ、実力!シャフトの実力!!(笑) 
      なんてことじゃなく、やっぱり打ち方が良かったんでしょうね!
      でも、ロングホールで「セカンドショット待ち」って、結構気分良くありませんか?
      「まぁ、悪くてもバーディーで上がれるな?」みたいな。
      羨ましいですね、その飛距離は。
      ぜひ、次回のラウンドでもその「実力」を発揮して、
      「まぐれ」ではないこと証明してくださいネ。^^

    • かずくん
    • 2015年 3月 28日

    ひ、酷い人(T_T)私を置いていくなんて

    • かずくん。
      こちらにもお越しいただき、ありがとうございました。
      いえいえ、決して置いて行ったワケではありませんよっ。
      近々、ご案内しようと思っていたんですが、「先を越された」だけなので。(笑)
      また、今後ともご愛好よろしくおねがいしますネ!^^

    • ラディのパパ
    • 2015年 3月 28日

    むらさん、こんにちは!

    冬の信州じゃ練習もままならないですよね。
    そんな時は、家の中で出来る練習に特化してみるというのはどうでしょうか?

    1.ひたすらパターの練習
    2.比較的広い部屋で素振り
    3.ホールインワンや300Yドライブのイメージトレーニング
    4.一人でこっそりとアダルトビデオを見ながら…ゴホン、ゲホン

    先日、パターの練習をしていて気づいた事があったんですよ。
    まぁ、ゴルフをやっている方達には常識なんでしょうが。
    「下半身の動き」
    これですね。
    パッティングの最中、今までは下半身を微妙に動かしていたようなんです。
    で、下半身を意識して固定しながらパットをしたら…
    なんと、ボールが真直ぐ転がるじゃないですか?

    もうね、目から鱗が落ちまくりでしたよ。
    そこでわたしは考えましたね。

    「この下半身の固定は、ドライバーやアイアンの時にも有効なんじゃないかと…」

    と言う事で、今夜練習に行って試してきま~す(*´з`)

    • ラディのパパさん。
      コメント第2号のゲットも、おめでとうございます!(笑)
      そーなんですよ、今年の信州は例年以上の積雪で、
      未だに雪に覆われているゴルフ場が多いですね。
      なので、それにつられて私もまだ練習を再開していませんっ。(汗)
      それにしても、その「パットの秘訣」はイイですねー。
      やっぱり、下半身が重要ですか?
      でも、その「微妙な動き」はどうして分かったんですか?
      微妙なだけに、「自分では分からない」事だと思うんですけど?
      で、全てのスイングに共通している様でしたら、
      ぜひ連絡してくださいね。コッソリと。(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 信州のゴルフ場

    アマゴルファー・むらから「お・知・ら・せ」
  2. ゴルフ練習

    後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
  3. ゴルフ練習

    ゴルフがアッと言う間に上達する極意とは?
  4. 日常雑記

    田舎者が見た!不思議な街「東京」
  5. プロレッスン

    速報!信州出身のプロゴルファーが初優勝を飾る!!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。