9月 162015
 

信州を飛び出して、新潟県のゴルフ場でのラウンドが好調だった俺は、
さらに初めてのコースに出掛けた。

matsugamine country club1

 

「松ヶ峯カントリー倶楽部」

妙高山の麓に、フラットなコースが広がる全27ホールは、
多くのアスリートが集まるチャンピオンコース。

今まで、俺みたいなゴルフ初心者では歯が立たないと避けてきたコースだが、
初めてのコースでも100切り出来た結果が本当の実力なのか?、それとも、
スコアの数え間違いなのか?を確かめる為には相応しいコースだ。

matsugamine country club2

matsugamine country club3

matsugamine country club5

 

今回の同伴者も、もちろん「シングルKさん」
俺が、彼のプレーの全てを吸収しそして自分が肩を並べるレベルに成長するまでは
彼の存在を欠かすことが出来ない。

もしかすると内心、
「たまには可愛いレディーとゴルフがしたいよ・・・。」と思っているかも知れないが、
そんな時は俺が膝上ミニのスカートを履いてでも同伴のツーサムは続くのだ。

matsugamine country club6

matsugamine country club8

 

今回プレーするコースは「妙高~神奈」。
この松ヶ峯カントリー倶楽部でのプレーでは「王道コース」になる。

matsugamine country club7

 

スタートの472ヤードのロングホール。
ドライバーでのティーショットは、見事フェアウェイを捉えていた俺だった。
しかし、セカンドショットをトップし、サードショットでダフリ、アプローチをグリーンオーバーして、
5オン2パットの「ダブルボギー」スタートになっていた。

ドライバーの不安が減った俺の次の課題は、
既に明確になっている。

「パーオン率を上げる事」

今までのラウンドを振り返ってみると、
いかに俺のアイアンショットが悪いかが浮き彫りになっていた。

「パーオン率5%」

なんと、18ホール中にパーオンするのは、
たった1回という結果が出ているのだ。

いや、1回出来ればまだ良い方だ。
パーオンが「0回」なんていうラウンドもある。

これはもう、悪いを通り越してヒドイ状態、いや、みじめな現状だ。

このみじめな現状を改善しない限り、
俺がシングルプレイヤーに近づく日は訪れないのさ。

続く161ヤードのショートで「ボギー」、
次の404ヤードのミドルでは「パー」と徐々に調子を上げていった俺だが、
前半のスコアは「51打(18パット)」だった。

Kさんと一緒に反省点を振り返りながら、
ランチでエネルギー源をしっかり供給して臨んだ後半戦。
難しいコースと言われている「神奈コース」に向かって行った。

matsugamine country club9

matsugamine country club10

 

松ヶ峯カントリー倶楽部のコースは、
比較的フラットなコースが多い。

だから視覚的にも安心してスイング出来るのだが、
この神奈コースは少し違っていた。

池もあり、アップダウンもあり、ドッグレッグになっているコースもあり、
さらにはフェアウェイが狭く、木のハザードがあるホールもあった。

1打1打のショットに大きなプレッシャーが掛かり、30度を超える暑い日ということもあって、
予想以上に緊張して身体から水分も奪われてしまったが、
途中の茶店で「無料ドリンク」のサービスがあったので、
それを浴びるように活用しながら気力を保っていた俺だった。

matsugamine country club11

matsugamine country club12

 

しかし、後半のスコアは「54打(16パット)」を記録していた。

好調だったドライバーも右に左に曲がりだし、
アイアンショットはスライスしパーオン率を上げるどころかグリーンにも届かず、
挙げ句の果てには池にもボールを打ち込んで、
唯一まともだったショットはアプローチだけになっていた。

やはり、ショットが曲がりだすと俺の心は動揺し、
目の前にハザードのプレッシャーが掛かると不安はさらに増してくる。

前回のラウンドで「心の強化」が出来ている感じた事は、
ただの「勘違い」と言うことがこのラウンドでハッキリしてしまった。

しかし、確かに「松ヶ峯カントリー倶楽部」に敗れてしまった俺だったが、
そんな中で「キラリと光り輝くショット」が出来ていたのが唯一の救いだった。

同伴者のシングルKさんが、
「むらさん、凄いねそのアプローチ!
キュキュとスピンが掛かっているよ!!」と絶賛した、
「ボールにバックスピンを掛けるアプローチショット」だ。

今回のプレーでは、確かにバックスピンの効いたショットが打てていた俺。
それは、花道から打っても、ラフから打っても、
さらには、バンカーから打っても「おっ!」と声を上げてしまう様なアプローチだ。

初めてのコース、しかも信州の気候や風土と違う新潟県のゴルフ場で、
立て続けに「100切り」を叩き出すことは出来なかったが、
俺には「バックスピン」という武器が加わっていた。

しかし俺は一体どうやって
「キュキュっとバックスピンを掛けるアプローチショット」
身に付けることが出来たのだろうか?

その秘密は、次回の日記で公開するとしよう・・・。

 


  24 Responses to “むら、新潟県のゴルフ場を攻める。”

  1. 昨日子供とラウンドするために、ゴルフ場に朝から向かいました。

    「あの~大会は22日なのですが」

    行き場を無くした親子は、昼御飯を食べた後、練習のため、いつもの河川敷に向かいました。

    結果、ダメでしたね。前の時は、子供のプレーに気がいって、気付いたら結構いいスコアでまわっていましたが、今回は逆に自分のプレーに集中出来ないで、バラバラな感じでしたね。

    ドライバーも、確かに曲がりにくくはなっていましたが、最初から右OBゾーンに真っ直ぐ向かうとか?

    子供とのプレーのせいもあるでしょうが、確かに昨日の練習から右にボールが出ていました。

    昨日の練習場と言えば、「ミライ」「ゲロンデ」「GP」と試打してみました(そんなことをするからドライバーの調子を崩すんだよね)。

    「GP」はいいね❤確かに私には捕まえにくく難しかったですが、本当に強い玉が出ている印象でした。シャフトも硬かったので、もう少し柔らかいシャフトで試してみたいです。

    • あらっ?それはうっかりしちゃいましたねっ。^^;
      お子さんとのプレーでは、やっぱり集中も出来ないですよね~。
      きっと、もっと成長すると違ってくるんでしょうが、親としてはやっぱり。
      でも、ボールが曲がっていないのですら、直ぐに習性も出来そうですネ。
      「ミライ」「ゲロンデ」「GP」、この3つは「適合外ドライバー」なんですか?
      メーカーもそれぞれです?
      ゴルフを知らない人が聞けば、「車の名前?」って思うネーミングですよねっ。(笑)
      おすすめクラブがあったら、また紹介してください。^^

  2. むらさん、こんばんは。

    スピン効きまくりのアプローチですか。
    ボール変えましたね?( ̄▽ ̄)

    100の攻防でしたら、パーオン率はさほど気にすることないと思いますよ。結果的に乗るのは大いに結構ですが。

    4オンとか5オンとかを如何に無くすか、即ち如何にしてボギーオンさせるか、これが60パーセント超えれば100は打たずに済みますよ。
    (先日の私のように、ハーフで26パットブチかまして54なんてのは論外ですが^^;)

    • さすが、鋭い指摘ですね!(笑)
      パーオンではなく「ボギーオン」のマネジメントをすれば、「100切り可能」なんですね?
      ということは、飛距離と言う要素は「必要なし」だから、「いかに自分の心を制御出来るか?」に
      かかっていると?
      コレ、結構難しいマネジメントかも知れませんっ。って言うか、
      「私には不可能!」みたいな。(汗)
      がんばります・・・。^^;

      • 飛距離を捨てることではありません。
        自分の飛距離を把握する事ですよ。

        例えば、220でハザード・240でハザード越えなんて場合。
        ドライバーを振って230ヤードであれば、250を求めてしまうと球が暴れます。210で抑えようとするとインパクトが緩みます。
        さてどうする?

        で、セカンド。
        アイアンの各番手、どの程度キャリーするのかを知り、ライ次第でどの程度前後するのかが予測できれば、それを信じて球を打つだけなんですよね。

        結果としての失敗は気にしない。
        次のショットでどう乗せるか?

        まだまだ、てんで出来ていませんが、私が今意識しているマネジメントです。

      • なるほど~。「自分の飛距離を把握する」←コレ、すっごく参考になりますっ。
        最近、「セカンドショットがまともに飛ばない」状況に、
        「アイアンスイング飲み直し」に着手していましたが、未だに状況は改善されていません。
        今シーズンのラウンドを振り返ってみると、ショートで1オン出来たのは「2,3回くらい」なんですよっ。既に「20ラウンド」は越えようとしているのに。
        コレって、飛距離を把握する以前の話ですよねっ。(汗)
        練習場ではそれなりに上手く打てているので、きっと「ライ状況の対処」が出来ていないような。って言うか、そもそも「自分を信じていない」みたいな。
        やっぱり、問題は「心」にありそうですよっ。^^;;

  3. ラウンド終わりましたよ〜
    オープニング1番から+5
    隣のホール行ったりバンカーからバンカー、3パットとやらかしまくりました。
    なんとか持ち直してボギーペースでしたが9番でタブルパーの+4σ(^_^;)
    前半を53

    後半はボギーとダボに+4が1回で50

    トータル103といつも通りの100ちょっとというスコアでしたT^T

    23日の初コンペ、不安です。

    • 早速のラウンド報告、ありがとうございました。
      何やら、スタートからやっちゃいましたね?
      私が言うのもなんですが、初コースって「そんな感じ」ですよっ。(笑)
      でも、結構叩いている割には、なかなかのスコアだったんじゃんありません?
      私なんて、この前「118打」も叩きましたし。(汗)
      初コンペでは「無難に」なんて考えずに、ぜひガンガン行っちゃってください!
      また、初コンペ報告もお待ちしています。^^

  4. 今何気なくテレビのゴルフ番組をを見ながら気づいたけど、今年こそ見に行こうと思っていた、地元のステップアップツアーじゃないですか(*_*)

    これから人に会いに、大阪に行かなきゃならないし、明日は子供と一緒にゴルフに行くので‼今年もいけないo(T□T)o

    明日いくコースは、2年前、約15年ぶりぐらいにゴルフクラブを握って、初めていったコース。
    その時は確か140ぐらい叩いた記憶があります。(その頃は記録に残していなかった)。

    2年でどれくらい成長したか?ハッキリと突きつけられます。

    一緒に廻るのは知らない3人。子供の大会に同伴できて、親の部門に出場するくらいだから、厚顔無恥な私を除いて、そこそこの腕に違いない。

    子供の前で恥を書くわけにもいかず、ちょっと緊張するラウンドになりそうです。

    • あら~、ステップアップツアーが開催されているんですね?
      でも、ラウンドの予定があって行けないと?
      それは、大きな獲物を逃しましたねっ。なんて。(笑)

      お子さんは「競技会に出場」するんですか?
      それは凄いですねー!
      お子さんもドンドン成長しているように、
      きっとかずくんも2年ぶりのラウンドなんて関係ないくらいに、
      成長しちゃってるんじゃないでしょうか?
      一体どんな結果になるのか?ほんと、楽しみですね!
      ラウンド報告をお待ちしています。^^

  5. むらさん、皆さん、3度目まして
    熊本在住、ゴルフ暦1年と9ヶ月目
    でびるまんですね

    9月20日に福岡国際という初めてのコースにチャレンジしてきます。23日には初めてのコンペというものに参加します。もちろんそちらも初めてのコース。緊張します。

    桑田氏のラウンドの極意、ご存知でしたね。流石です( ´ ▽ ` )
    漫画の付録DVDで漫画の方も感銘を受けるとこが沢山ありました。
    ティーショットとセカンドを気楽に打った後に桑田氏が
    『さぁ、ゴルフしましょう!』
    というシーンがありました。
    アプローチからが本当のゴルフで、そこまでは玉転がしだと。
    目から鱗が剥がれ落ちましたよ。

    先日、パー5ロングでユーティリティー2発でグリーンセンターまで50ヤード付近まで来ました。頭の中では、あわよくば寄せワンでバーディー!?悪くてパーセーブ!?
    結果はアプローチ3パット3のトリポー(°_°)
    やはりパター、アプローチがスコアを決めるんだなと実感する出来事でした。

    最近は練習場に行っても、アプローチとパター練習場ばかりやってます。
    私も初めてのコースで100切り目指しますよ!(o^^o)

    • 3度目ましてのコメント、ありがとうございました。
      さらに、個人情報が特定されつつありますが、
      遂に「初コースデビュー」をするんですね?
      しかも、その後に直ぐ「初コンペ」だなんて、ヤルヤルとは噂で聞いていましたが、
      まさかそこまでヤルとは思いませんでしたよっ。(笑)

      桑田氏のレッスンて、私結構好きなんですっ。
      ハッキリ物事を言うじゃないですか。「ダメなものはダメ」と。
      そして、根底に流れている「関西人のノリ」が信州にはない雰囲気なので、
      とっても面白いですねー。もちろん「効果が直ぐ分かる」って事もですが。^^;

      たぶん、「初コンペ」は想像以上に緊張すると思いますが、
      でも、想像以上に楽しいのできっと病みつきになりますよ!(笑)

      「初コースラウンド報告」と「初コンペ報告」を
      楽しみにしていますね。
      ガンバってください~!^^

  6. 松ヶ峰なかなか良いでしょ?フラットで広いから地元ではベストスコアーの出せるゴルフ場です(^o^)
    私も神奈はどうも苦手です(^_^;)

  7. 立て続けにラウンドですかー

    羨ましい!

    しかもバックスピン!?

    羨ましい限りです!

    ショートホールの方がパー率が高いって凄いと思いますけどねー。

    俺がスコアを崩すのは大体ショートホールです(ーー;)
    しかも前半はソコソコ調子良いのに、後半に大崩れのパターンが多いてすよ(T . T)
    フック&引っかけ病は、コンペに向けて焦るばかりで解決策はまだ見つかりません(ーー;)

    • はい、「むらコンペ」も近いので、ラウンドしまくっていますよ!(笑)
      「バックスピンの掛け方」は、次回の日記で包み隠さず公開しますので、
      ぜひチェックしてくださいっ。
      プロキャディーさんからの話だと、「ショートホールでバーディーは狙わない」らしいです。
      「パーでOK」というマネジメント。これからも「難しいホール」だと言えますよねー。
      だから、私の場合は「おかしい」んですよっ。(汗)
      私のスイングも「課題満載」なので、お互いに気合を入れて練習しましょーネ。^^;

  8. アマゴルファーむらさん、はじめましてです。
    ひょんな事からここにたどり着き、ちょくちょく拝見させてもらってます。
    ゴルフ楽しいですよね。
    常に100切り出来るように頑張って下さい。
    これからよろしくお願いします。

    • 初コメント、ありがとうございました。
      「ひょんな事から」と言う様に、「一体どんな経路でココにたどり着いたのか?」が気になるところですが、ほんとゴルフって楽しいですよね!(笑)
      はい、「100切り」ではなく「常に70台」のシングル目指してガンバリたいと思いますっ。
      またコメントもお待ちしていますネ。^^

  9. むらさん、こんにちは!

    おっと~。
    N潟県でのチャレンジ2回戦目、立て続けの100切りはならずでしたか…
    残念でしたね~(;’∀’)

    あの~。
    最近、わたしが感じることなんですが…
    わたしのスコアなんですが、ハーフで48~55位の間に収まって来てるんですね。
    で、その中には2回くらいパーも含まれるようになって来たんですよ。
    先日、マジマジとスコアカードを見ていて気付いた事なんですけどね。
    少し前までだと「パー」を取れる確率は0~10%位だったんですが、ここ最近は20%に確率が上がってきたようです。
    まぁ、ゴルフ場の難易度にもよりけりだとは思いますが…

    と言う事から考えると、ミスさえ少なくすれば「100切り」は容易いのでは?と思うようになりました。
    だって、ナイスショットが続いた結果で「パー」をゲットしている分けでは無いんですもんね。
    ダフッたり、スライスしたりしても「パー」を取れるようになって来たと。
    1ラウンドのスコアで100切りを意識するよりも1ホール毎でのミスを意識した方が、結果として「100切り」への近道なのでは?とね。
    で、近々練習ラウンドに行きますが、この考えを実践してみようと思っています。

    あっ!
    むらさんのアプローチ「キュキュッと止まる」訳、知ってますよ!
    ウエッジのフェイスにアレを塗っているんでしょ?

    ほら…
    アレですよ、アレ。
    花★の台所用洗剤「キュキュット」( ̄д ̄)

    • 「パーゲット率」が20%とは凄いですね!
      ちなみに、その「パー獲得ホール」って、どんな感じになっているのでしょうか?
      実は私の「パー獲得ホール」は、ほとんどが「ショートホール」なんですよ。
      で、ダボとかトリとかそれ以上とか大叩きするホールが「ロングホール」
      普通は、ロングでスコアを縮めるのが王道じゃありません?
      その王道を、全く歩くことなく100切りしている私は、やっぱり「まぐれ」とか「偶然」で
      たまたまの「ラッキー」だった可能性が大きいですっ。(汗)
      以前、日記の読者の方が、「90台のスコアは4割ミスしても大丈夫」と教えてくれたんですが、
      そのコメントに「大きな納得」があったんですね。
      だからきっと、パパさんの「仮説」は結構イケるんじゃないですか?
      練習ラウンドが楽しみですネ!^^

      バックスピンをかける方法は、ずばり「ソレ」です!大正解~!!
      って、そんなことしたらバックスピンじゃなくて「トップスピン」がかかって
      確実にグリーンオーバーですよっ!
      でも、最近のパパさんのコメントにも、
      バックスピンがかかりまくっていますけどね!(笑)

      • そうですね~?
        やはりショートホールでの「パーゲット率」が一番ですね。
        続いてミドル→ロングでしょうか?
        やはり「王道のロング」でのパーゲット率は低いようですね(;^ω^)
        なぜか大叩きするのもロングホールが多い印象です。

        500yロングの例として…
        ティーショットで200y飛んだとして、残りが300y。
        当然、2打目はウッド系が登場しますよね?
        わたし、そこら辺りからつまずいて行くような気がしますね。
        変に欲張らずに7Iでも持っていれば、そこから2打で届くのに…
        人は欲の深さで自滅するようですね。
        ああ、怖い怖い…

        むらさんのアプローチは、スピンが効いて止まるボールなんですよね?
        って事は、「ピンをデッドに狙って打つ」感じですね?
        わたしは、止まらないボールなので「ランの距離を予測して打つ」打法です。
        なので、58°、52°、P、9Iあたりを駆使しながら寄せて行ってます。
        その時、予測して持ったクラブでピンに寄った時は…
        そりゃ~もう「か・い・か・ん!」ものですよ~( ^^) v

      • なるほど~。同じくショートホールですか。
        私もその「例」の様に、Fwでつまづいて行くケースがい多いですっ。
        ダフる、トップする、引っ掛ける、右にプッシュするという感じに。
        どうやらお互い、「同じ欲望」を宿しているようですねっ。
        あぁ、クワバラクワバラ・・・(笑)

        実は「バックスピン」がかかったのは、このラウンドからなんですよ。
        それまでは、「手前から転がすアプローチ」でしたっ。
        使うクラブは、51°と56°、たま~にPw。
        グリーン外からPtも、結構使ったりしていますねっ。^^;

  10.  一瞬間違えたかと思いましたが、「香妻琴乃」で間違いないですね。

     彼女と「イ♡ボミ」のスイング、特にフィニッシュを比べるとよくわかります。

     よく素振りは「そこにボールが有るつもりでやらないと意味がない。」と言われますが、最近私は、ティーアップした後はゆっくりしたスイングで、ボール近辺でヘッドを走らすイメージと、フィニッシュの形だけを気をつけて、1度だけ素振りの様な事をするようにしています。

     ドライバー、結構真っ直ぐ飛んでくれますよ。

    • なるほど。フィニッシュの形に「鍵」が隠されているんですね?
      分かりました!早速チェックしたいと思いますっ。(`・ω・´)ゞ
      ところで、かなり自分なりの「コツ」を習得しているようですね~。
      ソレが、好調を維持している要因になっている感じも。
      ドライバーが「真っ直ぐ飛ぶ」だなんて、ほんとに羨ましい限りですよっ。
      でも、たぶんその「自分なりのコツ」を掴むまで、相当の四苦八苦があリましたよね?
      一体どうやって「コツを掴んだのか?」に興味を注がれますけど、
      まずは「横振りと縦振りの秘密」の解明に、全力を注ぎたいと思っていますっ!^^

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。