ゴルフ練習

大都会で、日常的にゴルフ練習をする方法

intersection

 

仕事の関係でしばらく故郷の信州を離れて「大都会」に上京している俺。
そんなワケで、「激闘のペアマッチ戦」の続きはしばらくお預けになるが、
大都会の人波にもまれながら「信州の田舎者がフト感じた事」を、
しばらく「番外編」として届けしたいと思う。

まず、
「都会の人は歩くのがとっても速い」
これにはとってもビックリしている。

俺は、ラウンド中ほとんど乗用カートに乗ることなく「常に歩く」を基本としているので、
歩くことには自信がある

そして、歩く速度も誰よりも早い

なぜなら、「ショットの回数の多さ」でも常にトップクラスを維持しているから、
誰より速く歩かなければ「スロープレー」になってしまい、
同伴者に迷惑を掛け、後続の組に文句を言われ、しまいにはマーシャルにも怒られるので、
「絶対にスロープレーになるもんか!」と超早歩きでプレーする。

しかも、クラブ3本約1.5kgの重量物を抱えていながらもそのペースは落ちることなく
さらに加速することだってあるくらい歩くのが早いのだ。

「早歩き」という技術をマスターした俺は日常生活でもその威力はいかんなく発揮され、
前を歩く人を後ろから追い抜く事に快感を覚えては優越感に浸りながら日々のストレスを解消しているので、
「早歩き」はもはや俺の「おはこ(18番)」になっている。

信州には、リオオリンピックで見事「銅メダル」に輝いた競歩の「荒井 広宙(あらい ひろおき)」選手がいるが、
アマチュアゴルフ界での競歩では「金メダル!」と評判が高い「早歩きの第一人者」の俺が、
この大都会ではいとも簡単に追い越されてしまうのだ!

それが、一人二人ではない。
次から次へと何十人もの人々が、
俺を「邪魔だなコイツ」とばかりに追い抜いて行く。

それが若者だったら俺も目をつぶって見なかったことにするのだが、
年配者の紳士淑女や若いOLさんだっているんだから、
これは驚かずにはいられない。

大都会に降り立った田舎者の第一声は、
「えっ、なんで!どうして!?」
だったのである。

俺の早歩きには、
普通の人にない特徴があるのでここでちょっと紹介しておこう。

その「特徴的な早歩きの方法」とは、
一歩の歩幅が「91cm」に固定されている事だ。

そう、普通の人より「歩幅が大きい」のが
俺の早歩きのスタイルなのだ。

だから、一斉に「用意、ドン!」でスタートしても、
一歩の歩幅が大きい俺が早く歩けるに決まっているのだが、
そんな俺の「ウサイン・ボルト走法」をあっという間に追い抜いていく都会人。
それも、次から次へとは一体どんな能力を持っているのだろうか?

まさか、
「常にラウンドを意識した歩き方」
をしているんじゃないだろうな。

恐るべし!大都会人!!

日常生活の中でも常にゴルフ練習をしているとは、
さすがだ・・・。

 

ピックアップ記事

  1. 大都会で、日常的にゴルフ練習をする方法
  2. 決して一人では見ないでください・・・
  3. 決戦の結末
  4. アスリート達のコンペに参加した
  5. これから俺の進む道

関連記事

  1. ラウンド

    苦痛との闘い

    「うっ、痛たたたっ。」初ラウンドを…

  2. ゴルフ練習

    初めて訪れたゴルフ場、その場所はなんと・・・

    これまで行ってきた練習方法について、全ての見直しに着手した俺は、…

  3. ゴルフ練習

    最後のラウンド

    とうとうこの日がやって来てしまった。今シーズン、俺の最後のラウンド…

  4. ゴルフ練習

    信州岬

    北の街ではもう、悲しみを暖炉で燃やしはじめてるらしいが、…

  5. ゴルフ練習

    天才の定義

    ところで、「天才」って呼ばれる人いるじゃないですか。野球で…

  6. ゴルフ練習

    3パットを叩かない為に必要な事

    相変わらず全く上達しない俺だが、それでも得…

コメント

    • ラディのパパ
    • 2016年 9月 09日

    むらさん、こんにちは!

    都会人はそんなに早いですか?
    むらさんが思うほど都会人の歩く速度って、そんなに早くないですよ~。
    逆に「遅っ!ジャマっ!」って思う事が多いような気がしますよ。
    きっと、気付かないうちに競歩の列にでも紛れ込んじゃったんじゃないですか~(≧▽≦)

    それはそうと、東京に来ているんですか?
    渋谷?新宿?それとも銀座ですか?
    折角来た大都会なので、ゴルフ以外の楽しみを満喫して行って下さいね~。
    居酒屋とかおねーちゃんのいる店もN野県とは数が違うでしょ?
    逆に目移りしちゃって、選べないかもですね( *´艸`)

    わたしの職場がI袋なんですが、何処かですれ違っていたかも知れませんね~(^^ゞ

    • いやいやいや、すっごい早いですって!
      特に大きな駅に降り立っている人は早歩きですね!!
      でも確かに、「邪魔!」って思う人もたまにいます。(笑)

      はい、東京に来ているんですよ。
      「裏切りの街・新宿」に。
      あれ、「欲望の街」だったかな?(笑)
      まだ、「歌舞伎町」へは出掛けていなんですけど、
      せっかく来ているので「信州との違い」をしっかりチェックしてみたいと思ってっていますっ。

      「田舎の口説きは、果たして都会でも通用するのか?」とか。(≧◇≦)

        • ラディのパパ
        • 2016年 9月 10日

        わたしは、S玉県人なんですが言葉に訛りはありません。
        むらさんも訛りってないですよね?
        そんなわたしが地方に行った時に感じるのが「現地の訛り」なんですよ。
        いや、これいい意味で言ってるんです。
        ご当地の訛りを聞くと、何故かホッとすると言うか、旅先での醍醐味に出会えた感があるんですね。

        例えば…
        東北の居酒屋さんで現地スタッフのおねーちゃんと話すだけでホッコリしちゃうんですよ。
        「あ~、いいな~。やっぱり東北訛りは最高だな~」ってね。
        逆に標準語(東京弁?)って味気ないんですよね。
        綺麗な発音で聞きやすいんですけど、何となくね~。

        最近の若い子たちが話す「カレシ、カノジョ」とか「これよくねっ?」ってイントネーションを聞いてると…
        「それって、茨K県の訛りですから~!」
        って、ギター侍のように斬ってしまいたくなるんですよね~(≧▽≦)

      • なるほど~。
        現地で聞く訛りに「萌えて」しまっているんですね。
        分かりますよ、その感じ!

        実は信州も結構訛りがあるんですよ!
        ちなみに話してみるとこんな感じです。

        「ゆんべなはおごっそさん」
        「だーさおめさ」
        とか、
        「あちゃなっちょだい?」
        「まんずなぁ・・・」
        「まぁ呼ばれてったい」
        みたいな。

        きっと何を話しているのか「意味不明」だと思いますが・・・。(笑)

        P.S
        パパさんに「パーソナルメール」を金曜日に送ってありますので、
        ちょっとチェックしてお返事くださいネ!^^

  1. むらさん、おはようございます。
    だ、大都会って…Tokyoにいたりしてます?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゴルフ練習

    信州岬
  2. ドライバー

    決戦の結末
  3. 日常雑記

    田舎者が見た!不思議な街「東京」
  4. ゴルフ練習

    チェリーボーイ
  5. ゴルフ練習

    ふぬけ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。