ゴルフイベント

有終の美

全国で唯一「ゴルフ初心者」の為に開催されているコンペ、
「第8回むら感謝還元コンペ」の前半戦、第1組目の中で最低なスコアを記録した俺は、
何としてでも禁断の「コンペ主催者優勝」を勝ち取るべく
遂に「ミッション2」を発動することにした。

それは、
「スコアの数え間違いをする」
という指令だった。

常に人より打球数が多い俺は、
「あれっ?今何打目だったけな?」
と、プレーの途中に「記憶喪失」になってしまうことが良くある。

後半戦では、この状態をいかんなく発揮して
一気にトップに躍り出ようとする作戦なのだ。

ueda maruko grandvrio golf12

 

「さくらコース」の1番は、グリーンが見えないブラインドホール。

386ヤードと表示されているが、2打目からは打ち下ろしになっているので
十分に「パー」が取れるホールだ。

ティーショットの狙い目に苦労している同伴者を放置して、
一人静かに正面に見える鉄塔に目標を定めてドライバーを振り切った俺だった。

左に引っかかるトップボールだった。
しかも、目の前に広がるフェアウェイにすらボールが届いていない
完全なミスショットだった。

グリーンに届くまで一体何打掛かるか全くイメージ出来ない状況だが、
俺に取っては「ミッション2」を実行する絶好のチャンスが到来したと言っていい。

ボールがグリーンに乗ってからは2パット。
「だから、えーと、えーと、何打になるのかな・・・?」
失った記憶を必死に思い出すフリをしている俺に対して、
緑のカエル親父さんがいきなり
「むらさんは、8打だよね。」
スコア申告をしてくれた。

「・・・うん。・・・確かに。」

急に蘇ってきた記憶の打数を数えてみると、
確かに全部で「8打」になっていた。

俺が発動したミッション2は、
「マーカーのスペシャリスト」と呼ばれている緑のカエル親父さんの出現によって
アッという間に阻止されてしまったのだった

続く2ホール目は、
ニアピンが設置されているショートホール。

緑のカエル親父さんは「パー」。
しんさんも「パー」で、ポンコツ野郎さんは「ボギー」。
俺だけ「ダボ」で、またしてもスコアを落とす結果になっていた。

しかし、悲しみに打ちひしがれている場合ではない。

「ミッション2がダメなら、今度はミッション3なのさ!」
俺は頭の中で「むらパーフェクトプラン」を読み返して、
直ぐに次の手を実行する準備に取り掛かっていた。

それにしても、同伴者の3人は調子が良い。
緑のカエル親父さんは、5ホールを終わった時点で「+1打」
前半にバーディーを取っていたことを考えると、
「パープレー」で回る可能性が極めて高くなっていた。

しんさんは、前半のプレーとは全く別人のパッティングを披露していた。
初コースという状況にもかかわらず1パットをバンバンと決めて、
遂には「チップイン」まで見せつけていた。

ポンコツ野郎さんも、「ゴルフ初心者」でありながらしかも「初コース」
おまけに「熱が38度」も出ている最悪なコンディションの中で、
「力強いドライバーショット」と「グリーン回りのアプローチ」を武器に三重苦をハンデとしない戦いを繰り広げていた。

このさくらコースの最大の鬼門は、
池のある「6番ホール」。

しかも、コースが左にドックレックしているので、
ティーグラウンドからは池もグリーンも見えないブラインドホールになっている。

俺は、ここで最終手段の「ミッション3」を決行する決意を固めていた。

それは、
「コース説明の誤通知」だ。

1打目をしっかりフェアウェイキープ出来れば、
目の前の池を超えて「2オン可能」と思わせるレイアウトになっているのだが、
しかし、それがこのコースのになっていることを俺は熟知していた。

多くのプレイヤーが目の前にある池の目測を誤って「池ポチャ」をしては涙を飲んでいる。
それは、トーナメントプレイヤーである女子プロ達も同じ事なのだ。

きっと、調子の良い同伴者達は、
池の前で「レイアップする」なんて戦略は取らないだろう。

そんな状況を見たら俺はつかさず
「さすが、イイ狙い方をして行きますよね~!」と煽てて
気分も高揚しているところに加えて、さらに「アドレナリン」を放出させ、
彼らの「池ポチャ」を誘発させようという極秘ミッションだったのだ

俺が今まで、「心優しい好青年」を演じたきた理由も
全てはこの最終極秘ミッションを実行するための準備に過ぎなかった。

まんまと、俺の作戦にハマって信じきっている同伴者達。

そうさ、俺は今まで4時間以上も掛けてじっくり仕込んできたのだから、
騙されない方がおかしい状態なのさ。

フッフッフ。

運命のティーショット。
3人が3人共、見事にフェアウェイを捉えるドライバーショットだった。

そして俺。
少し右にスライスしていったものの、当たりはけっして悪く無いボールだった。

しかし、当然左のラフにあると思っていたボールが
全く見当たらない

同伴プレイヤーも「悪の化身」となっている俺のボール懸命に探してくれているが、
まるで「神隠し」に遭った様にコースから消えて無くなってしまっていた。

俺は、ロストボール処理で捜索地点から第3打目を打ったが、
右へのプッシュアウトは地面をコロコロと転がるばかり。
だが、次のショットを池の手前にきっちりレイアップして
確実にグリーンに乗せることを忘れてはいなかった。

グリーンまでの残り距離は100ヤード。
通常なら、51度のアプローチウェッジでフルショットすれば丁度の距離。
しかし、今の状態では少し危険だと判断した俺は、
ピッチングを選択しクオーターショットを打ったが、
なんとシャンクして池の方に飛んでしまった

「ゲッ!それはヤバイよっ!?」と焦っている俺に対して、
ボールの行方を見ていた緑のカエル親父さんが
「大丈夫!池の上のブッシュだよ~。」と声を掛けくれた。

ホッと胸を撫で下ろして急いで現場で駆けつけたが、
肝心なボールの姿を発見する事は出来なかったのだった。

「ありがとうございますっ。
打ち直しするのでもう探さなくてイイですよっ。」

と、涙声で再び最初に打った地点に舞い戻った俺。

打ち直しのショットはトップボールチョロ。
辺りには、ボールが池に飛び込む音だけが響き渡っていた。

「いっ今、「ポチャ」って言っちゃった?「ポチャ」って!?」

確かに俺は「ぽっちゃり」が好きだ。
しかし、ポチャだけは、何が何でも絶対に避けなければ
この壮大な計画を成し遂げることは出来ない。

このホールを「13打」とした俺は、
この「むらパーフェクトプラン」が全て失敗に終わった事をこの瞬間に感じ取っていた。

 
ueda maruko grandvrio golf13

 

全ての組がホールアウトして、「第8回むら感謝還元コンペ」の表彰式。
これから発表される結果を今か今かと待ちながら
お互いの健闘を讃え合う参加者たち。

ueda maruko grandvrio golf14

ueda maruko grandvrio golf15

 

優勝したのは、「むらコンペ初参加」のポンコツ野郎さん。
準優勝は同じ組でプレーした、しんさん。
二人共、自ら「ゴルフ初心者」だと言っていたが、
そんな姿は微塵も感じられないナイスプレーだった。

そして、見事「ベスグロ」に輝いたのは緑のカエル親父さん。
女子プロトーナメント開催コース「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」において、
なんと合計「80打」という驚異的なスコアを叩き出していた。

素晴らしい成績を残した同伴者達をよそに、
俺のスコアは「113打(36パット)」に終わっていた。

今年も、全国の各地から集ってくれたみなさん達。
俺とは、今までに一度も会ったこともなければ話したことがない「初参加」の人に、
何度も何度もコンペに参加してくれる「リピーター」の人達に囲まれて、
俺の悲しみは、いつの間にか喜びへと変化して
楽しい一時を過ごしていた。

そして、次回のむらコンペに向けて、
再び「新しい計画」を練ることを
決めていた俺だった・・・。

 
mura's 8th golf competition

 

ピックアップ記事

  1. これから俺の進む道
  2. 決戦の結末
  3. チェリーボーイ
  4. 決して一人では見ないでください・・・
  5. 田舎者が見た!不思議な街「東京」

関連記事

  1. 信州のゴルフ場

    progress

    「第9回むら感謝還元コンペ」の表彰式。参加者が、それぞれの…

  2. アプローチ

    狂いだした歯車

    この上ないほどの絶好なゴルフ日和の中で開催…

  3. ラウンド

    ゴルフのセンス

    「前半の調子で、OBを「ゼロ」に抑えれば後…

  4. ドライバー

    コンペで優勝するための極意

    遂に、今年も開催された「第9回アマゴルファー・むら感謝還元コンペ」 …

  5. ゴルフイベント

    法の下の平等

    「すべて国民は、法の下に平等であって、経済的又は社会的関係において…

  6. アイアン

    突然出現した強敵

    順調なスタート切った「むらコンペ」の前半戦…

コメント

    • ポンコツ野郎Aチーム
    • 2015年 11月 03日

    (ーー;)
    訂正
    思った程足を引っ張ってしまわなくて〜

    でした(^_^;)

    • ポンコツ野郎Aチーム
    • 2015年 11月 03日

    いやー、ほんとコンペではお世話になりました!
    楽しかったですよー。
    是非またご一緒したいです!

    S◯Xとゴルフは下手でも楽しいって、とある映画の台詞でありましたが、全くその通りですね( ̄▽ ̄)

    思った程、引っ張ってしまわなくて一安心でしたー。

    熱があってもゴルフは出来ますねー。
    仕事なら熱が少しあるだけでも休みますけど( ̄▽ ̄)

    次回は体調を整え、参戦しますっ!
    あの後、三週間も抗生剤をドーピングしてしまいましたよ(ーー;)

    むらさんも体調には気をつけて(´Д` )

    • 今度は、リクエストがあった「番外編」でも企画するとしますか。
      どうです?上州の幹事とかやりません?ぜひ「ギャル」を集めてくださいっ。(笑)

      そんなに具合が悪いことなど全く気が付かなかった私ですが、
      その後の調子はいかがでしょうか?もう、復活しました?

      よく、「馬と鹿はカゼを引かない」と言う通り、ここ5年間くらい寝込んだ経験はないですけど、
      これから寒くなってくるので、裸のまま寝ることがない様に気をつけますネ。(‘◇’)ゞ

  1. くっくっく・・・むらさん、叩きましたね~。
    かう言うワタシもなんですけど、最近。

    手打ちゴルファー道一直線でしたが、現在「捻転」すっかぁ~とスクール頑張ってます。

    来年楽しみにしてますね。
    あ、参加賞になりそうなものキープしときますね~♪

    で、ワタシが優勝して倍もらいして帰るってことでいいですかね?

    • うっうっうっ・・・はい、叩いてしまいましたっ。(泣)
      「ここぞ!」って時に限ってシャンクが飛び出すですけどっ。(悲)

      やっぱり「捻転」って必要ですよね?私も「脱・手打ちスイング」を目指して練習していますよっ。

      来年は、ぜひお待ちしています!
      多分、例年通りの開催になると思いますが、早めにれんらくしますネ。

      もちろん、今回の分を「倍返し!」しようと思っています。でも、
      「むらコンペ」の参加者、結構手強いですよ~。^^

      • だんなさんが何度も言ってたらしいんですが、どう捻転するか?なメカニズムを教えてくれてない、いや、めんどくさく言ってたので無視を決めてました(汗)

        はい、来年は行きます。
        出来れば連休中日が助かります(笑)
        初日でも。

        新しい賞で「金使ってるっしょ?ウエア」とかあるとやる気が出ます(笑)

      • へぇ~、旦那さんは既にマスターしているんですね?
        私も知りたいですぅ~、その「メカニズム」を。
        たまには、旦那さんの言う事も聞いて、ぜひマスターしちゃってくださいっ。(笑)

        では、来年の「むらコンペ」、「予約No1」を承りましたよ!
        多分日程は、日曜日になると思います。リクエストもあったので。

        さぁ、新しい賞はどんな賞になるのでしょうか?
        どうぞ、お楽しみに~。^^

      • はい。賞味期限の長いものを確保してますので参加賞にでも(笑)
        アル●●ルもまたまた足元にご用意してます。

        ヒントください。
        夏にはホテル予約しますので(笑)

        あと今年の冬は是非ぜひ遠征してください。
        温暖な千葉とかでGOLFしましょ~。

        あれ?「むら大好き真冬のコンペ」とかどうでしょう

      • ワオ!それはまたまた嬉しいですね!!
        でしたら次回は「オフシャルスポンサー」でどうですか?
        宣伝効果は、「限りなく薄い」かもしれませんけどっ。(;’∀’)

        ヒントと言うより、毎年同じ時期にやっていますので、
        次回も「右に倣え」ですね~。曜日は変更しますけどネ。

        私、関東のゴルフ場に一度も行ったことがナイので、
        「いつかは必ず!」とは思っているんです。

        いつかは、きっと・・・。(笑)

    • かずくん
    • 2015年 10月 30日

    http://gogolf.jp/archives/51894999.html
    ここに行ってみたい。
    普通の練習場でも、仮想ラインを引いてみると面白いかも。

    • 早速覗いてみましたよ!
      なるほど~。確かに、良い練習になりそうですねー。
      みんな、色々と創意工夫していますよね。私も見習わなくっちゃ。^^;

    • ラディのパパ
    • 2015年 10月 30日

    むらさん、こんにちは!

    まぁ、スコアは良くても悪くても「楽しいゴルフ」って事が重要ですよね~。
    一日、芝生の上を白いボールを追いかけ、笑いながら歩き回る。
    ゴルフって本当にいいですよね~!

    今回のむらミッションは、全て空振りに終わってしまったようですが…
    次回のむらコンペで新たなミッションを発動して、優勝をもぎ取って下さいね!

    信州のゴルフシーズンもそろそろ終わりが近づいているんでしょうね。
    わたしは、年内にあと5ラウンド予定があるんですね。
    でも、その内の4ラウンドが「初めてプレーするコース」なんですよ。
    初めてのコースで100切り出来たら「脱・初心者」になりますかね?
    そして来年からは、90切りを目標に頑張らないといけないですね~。

    来年のむらコンペでは、一回り成長したパパを見せられるように精進しますよ~(≧▽≦)

    p.s.
    冬の間、むらさんは「ウインタースポーツ」に精を出しているんですよね?
    その間にわたしは…( *´艸`)ウッシッシ~

    • ゴルフって、ほんとに「不思議な魅力」がありますよね~。
      下手でも楽しいみたいな。(笑)
      きっと、上手けりゃもっと楽しい!かも知れませんが、でも。
      競技会に出場しているシングルさんとかは、
      「なんでこんなに下手なんだ!」と言いながら、自分を自分で叱っている姿を見かけたり。
      ほんと、不思議な世界です。(笑)

      はい、あと1ヶ月で信州の「ゴルフシーズン」も終了ですっ。
      私的には、「あと2、3回くらいはラウンドしたいなぁ~」と思っていますが、
      それも天気次第でどうなることやら。
      パパさんは、調子が「上向き」だと思いますので、
      ぜひ今シーズン中に「100切り達成!」しちゃってくださいね。
      その時はもちろん「脱・初心者」として、胸を張って堂々とフェアウェイを歩けるハズ。
      たぶん、きっと・・・。(笑)
      一回り成長した姿を見ることを、楽しみにしていますネ。^^

      p.s
      他にやることがないので、精を出していると思いますっ。
      でも、今年の冬は、「例年通り」にはいかないかも?( ̄ー ̄)ニヤリ

    • かずくん
    • 2015年 10月 30日

    皆様お疲れ様でした。
    私はてっきり、Wぺリアの隠しホールはむらさんが大叩きしたホール、とか言うのを公式ルールとし採用と思っていました。(こっそりやるとインチキと呼ばれるから) 

    • なるほど~。そんな「手」があるんですね?
      では、次回のコンペで「公式ルール」として採用することを
      検討して行きたいと思いますっ。(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゴルフ練習

    後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
  2. プロレッスン

    速報!信州出身のプロゴルファーが初優勝を飾る!!
  3. ドライバー

    スイングの反省点
  4. ゴルフ練習

    チェリーボーイ
  5. ゴルフ練習

    ゴルフがアッと言う間に上達する極意とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。