11月 202016
 

drinker

コンペが終わった後、俺はフヌケになった

「むらさんて、なんか変な匂いしない?
肩にフケが乗っているし、お風呂入っているのかな?」
って言われたらそれは「フケツ」だが、
むらコンペ以来全くゴルフをする気力も無くなって、
練習する意欲も起こらずに、ただ毎日、
淀んだ水溜りにプカプカと浮かぶボーフラの様にその日暮らしの生活している。

あれほど好きだった女子プロツアーのテレビ中継も見ることなくなり、
結果だけをネットや新聞でチラッと見るだけ。

夕食時には、必ずと言っていいほど見ていた「ゴルフの神髄」
スマホの小さい画面でも存分に楽しんでいたが、
それも今では、「ホンマでっか!TV」「しゃべくり007」のお笑い番組に変わり、
唯一変わらないのは柿ピーを食いながら缶ビールを飲んでいる習慣だけだ。

部屋には常備「パター」「スイングトレーナー」が置いてあり、
いつでもどんな時でもゴルフ練習が出来るようになっているが、
それも今では、部屋の隅にひっそりと佇んで存在していることすら忘れてしまっている。

いずれ視聴としようネットでポチッと購入したDVDは既に3本。
しかしそれらは、袋が開封されないままホコリがかぶっているし、
「復習で読もう」とデスクの上に積まれたレッスンブックも数冊あるが、
またその上に新しいゴルフ雑誌が積まれてさらにその高さは増す一方だ。

「シングルゴルファー」を目指して、練習に練習を重ねてゴルフに取り組んだきた9年間。
ひたすら「打つべし!打つべし!打つべし!」と汗を流し、
一向に上達しないゴルフに諦めることなく努力を続け、
限りある中で捻出した時間を効率的に使い、
与えられた金銭の大部分をつぎ込みながらゴルフ練習に明け暮れてきた日々だったが、
俺は、「むらコンペ」が終わって以来、本当に腑抜けになってしまった

ラウンドに出掛けず、練習場も行かず、
日常会話の中でもゴルフの話題が一つも出ることがない
そんなゴルフからの決別した生活を送っているのだった。

<<続きを読む、、、


9月 072016
 

intersection

 

仕事の関係でしばらく故郷の信州を離れて「大都会」に上京している俺。
そんなワケで、「激闘のペアマッチ戦」の続きはしばらくお預けになるが、
大都会の人波にもまれながら「信州の田舎者がフト感じた事」を、
しばらく「番外編」として届けしたいと思う。

まず、
「都会の人は歩くのがとっても速い」
これにはとってもビックリしている。

俺は、ラウンド中ほとんど乗用カートに乗ることなく「常に歩く」を基本としているので、
歩くことには自信がある

そして、歩く速度も誰よりも早い

なぜなら、「ショットの回数の多さ」でも常にトップクラスを維持しているから、
誰より速く歩かなければ「スロープレー」になってしまい、
同伴者に迷惑を掛け、後続の組に文句を言われ、しまいにはマーシャルにも怒られるので、
「絶対にスロープレーになるもんか!」と超早歩きでプレーする。

しかも、クラブ3本約1.5kgの重量物を抱えていながらもそのペースは落ちることなく
さらに加速することだってあるくらい歩くのが早いのだ。

「早歩き」という技術をマスターした俺は日常生活でもその威力はいかんなく発揮され、
前を歩く人を後ろから追い抜く事に快感を覚えては優越感に浸りながら日々のストレスを解消しているので、
「早歩き」はもはや俺の「おはこ(18番)」になっている。

信州には、リオオリンピックで見事「銅メダル」に輝いた競歩の「荒井 広宙(あらい ひろおき)」選手がいるが、
アマチュアゴルフ界での競歩では「金メダル!」と評判が高い「早歩きの第一人者」の俺が、
この大都会ではいとも簡単に追い越されてしまうのだ!

<<続きを読む、、、


8月 222016
 

weght traning

今シーズンが始まって既に4か月が過ぎたが、
100以下のスコアが出ていない俺。

丸8年間もゴルフを続けていると言うのに、
未だに「ゴルフ初心者カテゴリー」から脱出できずにいる。

今シーズン、ラウンド数が「月に2回」から50%ダウンしているが、
それでも練習自体はいつものペース「練習場でのボール打ち込み週に2度」はしっかり保ち、
夜の「ゴルフ番組の視聴」も欠かさず行っている。
にもかかわらず、ゴルフを始めた頃と何の代わり映えもない醜態を世間に晒している俺は、
改めて自分のプレーを振り返ってみようと、今シーズンのスコアカードを分析し始めた。

しかし、分析を開始した2秒後にはその結果が出ていた。

「ティーショットのミスショット」

これがスコアを悪くしている元凶だとスコアカードが冷静に物語っていた。

確かに、俺のドライバーショットは曲がる。
右に大きくスライスして行くので、そのほとんどがOBになってしまっている。

だから、ティーショットでしっかりフェアウェイを捉えた時は、
その後のショットが悪くても「ダボ」の成績以上は記録していないので、
二桁のダブルスコアとかボールを紛失するという無駄使いもなく、
とりあえず「ゴルフらしいプレー」が出来ているのだ。

となれば、この「どスライス」さえ無くなれば、
きっとスコアだってもっと良くなるだろうし、
むやみにやたらにコース外にボールをプレゼントする太っ腹な真似はしなくなるのだ。

しかし、不思議な事に、
打ちっ放しの練習場では見違えるほどのグッショッ!を連発している俺。
なので、もはや課題ははたった一つ。

「コースでOBを出さないドライバーショット」だ!

<<続きを読む、、、


8月 022016
 

projectX

 

ゴルフのセンスが全くないと判明した俺は、
「これから一体どうすればいいのか・・・?」と途方に暮れていた。

もうシングルゴルファーだなんて、絶対に無理だよな・・・。」
「どんなに練習したって、100切りもまともに出来ないし・・・。」
「やっぱり、ゴルフはもう諦めた方がいいんだ・・・。」

頭の中には悲観的な言葉しか浮かんでこない。
外を歩けば、常にうつむき加減で石ころを蹴飛ばしている俺だった。

俺は、これまで8年間ものゴルフ人生の中でやっと一つの答えを見つけ出した。
それは、
「100切りなんて簡単だよ。練習しなくたって出来るぜ!」
と言う言葉には、ある「前提条件」が含まれているって事だ。

その前提条件とはもちろん
「ゴルフのセンスがある」という条件だ。

言い換えれば、「持って生まれた才能」とも呼べるだろう。

「いやいやいや。100切りする事に才能なんて関係ないよ!」
とあなたは反論するかもしれないが、その反論するあなたはきっと
「俺よりゴルフが上手な人」に違いない。

そうあなたは、
ゴルフのセンスを持って生まれた「選ばれた者」で、
俺は「落選した人」なのだ。

<<続きを読む、、、


7月 062016
 

The secret to improve immediately2

 

ゴルフが、全く上達しない原因が分かって浮かれ飛んでいた俺だが、
うっかり見落としていたがあった。

「スコアアップできない原因の50%は、間違いなくあなたのクラブです。」
「原因の50%は」言うこの言葉だ。

どうやら悪いのは、100%クラブのせいではなく、
他にも原因があるらしいのだ。

じゃあ、残りの50%は一体どこに原因があるって言うんだ?
と、舞い上がっていた足を地に付けて改めてその原因究明に着手した俺。

考えられる原因として以下の項目が挙がってきた。

・力み過ぎ
・グリップの緩み
・正しいアドレスが出来ていない
・手振り
・ヘッドアップ、ルックアップ
・右肩が下がる
・上体が突っ込む
・振り急ぎ
・振り遅れ
・下半身のブレ
・体軸のズレ

しかし、これらの動作は練習する時にいつも意識しながらその改善に努めているから、
そんなにヒドイという事はないハズだ。

それに、俺の素振りを見た人全員が口を揃えて
「素振りだけ見れば、まさにプロだね!というセリフを吐くので、
ゴルフスイング自体に大きな問題があるとは考えにくい。

となればやっぱり、アレか?
アレが俺の上達を阻んでいるんだな??

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。