8月 022016
 

projectX

 

ゴルフのセンスが全くないと判明した俺は、
「これから一体どうすればいいのか・・・?」と途方に暮れていた。

もうシングルゴルファーだなんて、絶対に無理だよな・・・。」
「どんなに練習したって、100切りもまともに出来ないし・・・。」
「やっぱり、ゴルフはもう諦めた方がいいんだ・・・。」

頭の中には悲観的な言葉しか浮かんでこない。
外を歩けば、常にうつむき加減で石ころを蹴飛ばしている俺だった。

俺は、これまで8年間ものゴルフ人生の中でやっと一つの答えを見つけ出した。
それは、
「100切りなんて簡単だよ。練習しなくたって出来るぜ!」
と言う言葉には、ある「前提条件」が含まれているって事だ。

その前提条件とはもちろん
「ゴルフのセンスがある」という条件だ。

言い換えれば、「持って生まれた才能」とも呼べるだろう。

「いやいやいや。100切りする事に才能なんて関係ないよ!」
とあなたは反論するかもしれないが、その反論するあなたはきっと
「俺よりゴルフが上手な人」に違いない。

そうあなたは、
ゴルフのセンスを持って生まれた「選ばれた者」で、
俺は「落選した人」なのだ。

<<続きを読む、、、


7月 122016
 

putting-techniques

 

相変わらず全く上達しない俺だが、それでも得意な事はある。

「3パットを叩かないパッティング」

だ。

この技術があるから俺は、
ドライバーショットがどスライスしても、
1ラウンドで最低4つはボールとグッバイしても、
常に100のアベレージを維持できているのだ。

そんな維持はしたくないのが本音だが、
もし俺に「羽毛タッチ」という究極のパッティング術が備わっていなかったとしたら、
丸7年もゴルフをしていながら未だに「ハーフでパープレー」の状態でいることだろう。

俺は、自分のこれまでの徘徊を振り返り、
「どんな経験が人生の役に立つか分からないよな。」とホッと胸を撫でおろした。

出来れば、パットの距離感で悩んでいるあなたにもこの究極のパッティング術「羽毛タッチ」を伝授したいのだが、
ハッキリ言ってこれは言葉で伝えられる物ではない!

魔法の指先とまで呼ばれているこの「羽毛タッチ」をマスターする唯一の手段は実践する事のみで、
あたなはひたすら指先を這わして、その感触を養う以外に方法はないのだ!

そしてあなたは、熱い吐息を聞いた数だけパットが上達し、
いつでもどんな時でも「2パットで収められる距離感」を手に入れて
3パットを撲滅する「羽毛タッチの達人」として成長していく。

だが、この達人の域に達するまでには、
かなりの年月が必要になる。

なので、「俺には、そんな時間がないよ」と言う人に、
今日は俺が密かに使っている「パットの裏技」をこっそりと教えようじゃないか。

<<続きを読む、、、


7月 062016
 

The secret to improve immediately2

 

ゴルフが、全く上達しない原因が分かって浮かれ飛んでいた俺だが、
うっかり見落としていたがあった。

「スコアアップできない原因の50%は、間違いなくあなたのクラブです。」
「原因の50%は」言うこの言葉だ。

どうやら悪いのは、100%クラブのせいではなく、
他にも原因があるらしいのだ。

じゃあ、残りの50%は一体どこに原因があるって言うんだ?
と、舞い上がっていた足を地に付けて改めてその原因究明に着手した俺。

考えられる原因として以下の項目が挙がってきた。

・力み過ぎ
・グリップの緩み
・正しいアドレスが出来ていない
・手振り
・ヘッドアップ、ルックアップ
・右肩が下がる
・上体が突っ込む
・振り急ぎ
・振り遅れ
・下半身のブレ
・体軸のズレ

しかし、これらの動作は練習する時にいつも意識しながらその改善に努めているから、
そんなにヒドイという事はないハズだ。

それに、俺の素振りを見た人全員が口を揃えて
「素振りだけ見れば、まさにプロだね!というセリフを吐くので、
ゴルフスイング自体に大きな問題があるとは考えにくい。

となればやっぱり、アレか?
アレが俺の上達を阻んでいるんだな??

<<続きを読む、、、


6月 302016
 

excuse

「絶対に100切りして見せますからっ!」と、

ゴルフの師匠に向かって大見得を切ってラウンドに挑んだ俺。
しかし、見るも無残、語る悲惨にその宣言は達成されなかった。

これで、俺の「大ボラ吹き」が確定してしまう。

小さい頃に両親や、じいちゃん、ばあちゃんに、
「いいか、嘘をつく人間だけにはなっちゃイケナイよ。」と育てられてきたハズなのに、
それをいともたやすく何の良心の呵責も感じずに覆してしまった俺は、
一体いつからこんなオオカミ少年になってしまったのだろうか?

いや。誰だって切羽詰まった状況に立たされれば、
口から出まかせのその場しのぎの嘘をついてしまう事はある。

例えば、桃色店のポケットティッシュや、
ちょっと露出の多い服を着ている女性からの名刺が出てきた時などは、
「これな、駅前で配ってたんや。」と急に関西弁で説明するし、
上司からの「頼んでおいて資料、どうなっている?」の言葉には、
「はい、大丈夫です。今日の午後にはお渡しできると思います。」と、
すっかり忘れていたことを悟られない為に言うセリフなどがまさしくそうだ。

こんな状況は誰にも日常的に起こっている事だから、
自分が言った言葉が「嘘」だという認識すら持っていないし、
中には「嘘は会話のスパイスだよ。」とその正当性を堂々と主張する人までもいる。

という事は、俺の強い宣言も、
決して嘘ではなくて「円滑なコミュニケーションの一つ」と捉える事が出来るかもしれない。

「話題として楽しかったよね」と。

<<続きを読む、、、


6月 102016
 

ゴルフハイシーズンの5月を、クラブを振らずに棒に振ってしまった俺は、
やっとゴルフに出掛けた。

場所は、「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」

 

maruko.grandvrio-golfclub

 

そうココは、去年「第8回むらこんぺ」の開催会場となったゴルフ場。
全国から集まってくれたゴルフ初心者達と腕を競い合ったコースに訪れた俺は、
1ヶ月ぶりのラウンドで再び自分の実力を試すことにした。

 

maruko.grandvrio-golfclub1

maruko.grandvrio-golfclub2

maruko.grandvrio-golfclub3

 

天気は良い。
どこまでも青空が広がっている最高の天気だ。

ゴルフをしなかった1ヶ月間、練習場に出掛ける機会もほとんど無かったが、
しかし、本当に何もしないでただボーッと過ごしていた訳ではない。

その分、イメージトレーニングを通常の倍に増やして
このラウンドする日を待ち侘びていた。

使用したイメージは、「ゴルフの真髄」
特に、「三枝こころ」がゲストに出た回を何度も見ては、
「この子、めっちゃヤバイじゃん!と思いながらも
「俺もゴル友に加えてくれないかな?」と別の野望を膨らましていた。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。