9月 222016
 

nagano-international country club6

 

2年ぶりに来たコース「長野国際カントリークラブ」で、
突然の「ダブルス戦」を挑まれた俺。

ペアを組むのは「シングルKさん」だから安心しているが、
それでも不安が全て消えたワケではない。

まず、不安要素その1。
今回対戦するペアが、
「飛ばし屋Tくん&アスリートKくん」のヤングチームという事だ。

この二人、ゴルフを始めて7年くらいにもかかわらず、
既に「80台のスコア」バンバン出している
しかも、ドライバーの飛距離は250ヤードを軽く超えるビッグドライブを放つ。
俺の方が身長も高く、腕廻り脚廻り腹廻りの発達した強靭な肉体美を誇っているが、
彼らのボールの100ヤードも後方に「おいてきぼり」で、俺はいつも一人寂しく孤独を味わっているのだ。
さらには、「あれはOBに入っちゃったよね~」と言う弾道が、
何故か常に木に当たってコースに戻ってくるという強運を持ち合わせていた。

不安要素その2。
俺たちアダルトチームが、「プレーするコースを初体験」という事だ。

確かに、俺はこのゴルフ場に一度来た事がある。
しかし、今回ラウンドするコースは俺も初めての「妙高コース」が含まれている。
さらに、シングルKさんにおいては初体験チェリーボーイの初ラウンドで、
どんなコースレイアウトになっているのか?
どこにハザードがあって、どこがOBなのか?
グリーンは?芝目は?ボールの転がり具合はどうなのか?など、
右も左も北も南の陽子も分からない状態なのだ。

不安要素その3。
「俺のプレーに全てが懸かっている」という事だ。

今回の「ペアマッチ・ダブルス戦」のルールは、
「4ボール、ペアの合計スコア」で勝敗を決める事になっている。

なので、単純に「グロスの合計」が少なければ少ないほど、
勝利を収める確率が高くなるルールだ。

という事は、シングルKさんのスコアがいくら良くても、
俺のスコアがガチョーン!ならば「差し引きチャラ」どころか「スコアを加算!」という事態が発生し、
俺はただのポンコツ役立たずの足手まといになる危険性を大きくはらんでいるのだった。

この不安要素にがんじがらめに縛られて、
いつも以上の緊張とプレッシャーを感じる中で、俺はドライバーを振った。
左に引っ掛けるチーピンが俺の第1打目だった。

俺の望みと希望を託されているKさんのティーショット。
同じく左に曲がりながら飛んで行った。

ヤングチームのボールは、二人とも右側のラフへ。
対照的なスタートで幕が切って落とされたスタートホールだった。

<<続きを読む、、、


4月 122016
 

cheery

ゴルフシーズンが開幕したのと同時に俺の練習が始まった。

桜咲く暖かい陽気の昼下がりにいそいそと練習場に出掛けた俺は、
まずはキャディーバックから56度のウェッジを取り出し握り締めた。

「おっ。約4か月ぶりだと言うのに、なかなかイイ感触だぞ!」
左手の掌に置かれた黒いグリップを上から被せるように包み込み、
そっと右手も絡めていく。
特に握り方を意識した訳ではないが、左手の親指が右手の生命線の中にすっぽり収まって、
それぞれの指が隙間なくグリップに密着していた。

握る力も、強くもなく弱くもなく程良いプレッシャーでクラブ全体の重さを支えている。
仮に、手の中に「小鳥」が居たとしても、
静かにそっとさえずる事が出来るそんな力加減でクラブを握っていた事に、
俺の「4か月間のブランク」はいつの間にかどこかに消えていた。

だからと言って、いきなりボールを打つ事はしなかった。
俺はその場で、ハーフスイングの素振りを何度かしてみたのだった。

「うんうん、大丈夫だ。
ビジネスゾーンも安定しているぞ・・・。」

注意深く、何度も何度も、
9時から3時までの軌道を確認していく。

「久しぶりのスイングだからな。
とりあえず、身体を慣らしていくことが先決だ・・・。」

若い頃は、美味しい料理が目の前に並んでいると真っ先にがっつく事しか出来なかったが、
「お楽しみは最後に残しておく」という余裕が生まれたのも俺が歳を取ったという証拠なのだろうか?
しかし、「焦らしのテクニック」はいつでもどこでも有効なのは、
そっと握った指先も感じていた。

<<続きを読む、、、


9月 212015
 

approach shoot

グリーン上で、
「キュキュッとバックスピンが掛かるアプローチショット」
遂に体得してしまった俺。

今回は、
「一体どうやって打てばいいのか?」
具体的な方法をあなたに公開したいと思う。

とその前に。
このアプローチショットには3つの特長がある。

1、とっても簡単
2、誰でも出来る
3、必ずバックスピンが掛かる

こんな特長があるアプローチショットなのだが、
あなたは知りたいだろうか?

「ウソだね!そんな方法があワケねーだろ!!」
と思ったあなたは、
きっと今まで一度もバックスピンショットを打ったことがない人だと推測出来る。

そんな可哀想な状態を何年続けてきたのか俺には分からないが、
しかし、このアプローチショットは間違いなくバックスピンが掛かるのだ!

なぜならこの俺が、
ゴルフ歴7年もあるのに未だに「ゴルフ初心者」の域にどっぷり浸かっているこの俺が、
ドライバーではスライス、アイアンではダフリかトップしか打てず、
100以下のスコアを過去にたった5回だけという俺がラウンド中に実証した方法なのだから、
再現率が100%だと言い切っても過言ではない。

そうなのだ。
俺が出来るのだから誰でも出来るし、
完璧に体得することだってもちろん可能になっている。

そんな「夢のアプローチショット」を、
あなたもマスターしたいだろうか?

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。