12月 042016
 

green-pepper

ゴルフをしていると「嫌な場面」に遭遇することが多い。
例えばそれは、自分の事だったり、他人の事だったり、その他の事だったりする。

自分の事で「何が嫌なのか?」と言うと、
ドライバーでは、「スライスする、ボールが飛ばない、常にボールを探している」し、
アイアンでは、「ダフる、トップする、低弾道」だったりで、
毎回毎回常にスコアを加算していくプレーぶりは、本当に嫌なものだ。

他人の事で「嫌だ」と思うのは、
・アドレスが異様に長い
・一度ボールを確認してから、クラブを取りにカートに戻る
・ホールアウトしないで、グリーン上でスコアを書き込んでいる
などに嫌悪感を感じる俺だが、
しかし、こんなゴルフもあったら間違いなく「嫌だ!」と感じるだろう。

「コースのヤーテージ表示が【m】になっている」

普段の生活の中では、「メートル」とか「センチ」で長さを把握しているので、
ゴルフ場もそれに合わせて!なんてやられたら、コレは逆に距離感が狂って嫌だ。

「グリーンがカラフル」

昔、卓球と言えば、「暗い、地味、マイナー」というイメージがあったが、
それが卓球台のの色を「緑色」から「青色」に変えて以来、
競技人口も増えメジャースポーツと変貌した。
なので、競技人口が減り続けているゴルフも、
グリーンの芝を「レッド」とかにしてカラフルにすればきっと変化が訪れるかもしれないが、
個人的には嫌だ。

「和のおもてなしをしてくれるゴルフ場」

出迎えは、和服姿で文金高島田のキャディーさんたち。
クラブハウス内には、琴と尺八の「春の海」が鳴り響き、
フロントの前には「枯山水」の庭園が設置されている
ゴルフクラブは、キャディーバックから取り出すのではなく、
腰に巻いた帯紐に差してコースを歩かなければならない。

<<続きを読む、、、


10月 262016
 

9th.mura-compe6

 

順調なスタート切った「むらコンペ」の前半戦。
3ホール目は、グリーンの位置が見えないブラインドホール。

しかし、この「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」で何度も苦渋を舐めている俺には、
ティーショットの打ち出し方向がしっかりインプットされている。

フェアウェイに小さく見えている旗をきっと誰もが「狙い目」にするだろうが、
そんなありきたりのコースマネジメントでは優勝することは不可能だ

出来るだけグリーン近くにボールを運び、
得意な距離でのアプローチでベタピンに寄せて、
1パットのバーディー。

絵に描いたような格好の良いプレーを同伴者に魅せつけ、
彼らの戦意を叩き潰して「どうやってもむらさんには敵わない」と心に劣等感を植え付け、
自分が主導権を握ってプレーを進めることが優勝するためには最も重要な戦略なのだ!

IPの黄色い旗はティーグランドから左に見えるが、
俺の狙い目はもちろん右側のり面方向だ。

ここでも俺のドライバーはイメージと寸分の狂いもなく、
狙い目に向かって飛んで行ったのだった。

ひらじいさんは、セオリー通り黄色い旗狙いののナイスショット。
ヨーコさんも同じくしっかりフェアウェイをキープしていた。

きっと二人の眼には、
「むらさんのドライバー、全然スライスしないじゃないの」
と映っている事だろう。

確かに、今日の俺のドライバーは真っ直ぐ飛んいる。
飛距離も自分でビックリするくらい飛んでいるから、
内心は「どうだ!スゲぇだろ!!」と優越感で一杯だった。

しかし、このまま好調なショットを繰り出していたら、
俺は「嘘つきむらさん」と呼ばれてしまう危険性がある。

日記では、「永遠のどスライサー、ゴルフ初心者の全国代表」などと言っておきながら、
実際は「全く違う!」となれば、
・嘘つき
・偽善者
・ペテン師
・オオカミ少年
・与太郎
・最低!
・もう近寄らないで!!
などと呼ばれ、
愛想と共に三下り半を突き付けられて、
一人孤独なオンリーロンリーゴルフライフを送ることになってしまう。

そんな寂しい生活だけは絶対に避けなければならないが、
しかし、この好調は維持したい!
さらには、悲願の「優勝」をこの手に掴み、
ドラコンニアピンの他、全てのアトラクションに名を残して、
おまけにコンペ賞品までも総取りでゲットしたい!!
そして俺は、未だに誰も成しえていない「コンぺ主催者優勝」という空前の記録を
歴史に刻み込みたいのだ!!!

<<続きを読む、、、


9月 222016
 

nagano-international country club6

 

2年ぶりに来たコース「長野国際カントリークラブ」で、
突然の「ダブルス戦」を挑まれた俺。

ペアを組むのは「シングルKさん」だから安心しているが、
それでも不安が全て消えたワケではない。

まず、不安要素その1。
今回対戦するペアが、
「飛ばし屋Tくん&アスリートKくん」のヤングチームという事だ。

この二人、ゴルフを始めて7年くらいにもかかわらず、
既に「80台のスコア」バンバン出している
しかも、ドライバーの飛距離は250ヤードを軽く超えるビッグドライブを放つ。
俺の方が身長も高く、腕廻り脚廻り腹廻りの発達した強靭な肉体美を誇っているが、
彼らのボールの100ヤードも後方に「おいてきぼり」で、俺はいつも一人寂しく孤独を味わっているのだ。
さらには、「あれはOBに入っちゃったよね~」と言う弾道が、
何故か常に木に当たってコースに戻ってくるという強運を持ち合わせていた。

不安要素その2。
俺たちアダルトチームが、「プレーするコースを初体験」という事だ。

確かに、俺はこのゴルフ場に一度来た事がある。
しかし、今回ラウンドするコースは俺も初めての「妙高コース」が含まれている。
さらに、シングルKさんにおいては初体験チェリーボーイの初ラウンドで、
どんなコースレイアウトになっているのか?
どこにハザードがあって、どこがOBなのか?
グリーンは?芝目は?ボールの転がり具合はどうなのか?など、
右も左も北も南の陽子も分からない状態なのだ。

不安要素その3。
「俺のプレーに全てが懸かっている」という事だ。

今回の「ペアマッチ・ダブルス戦」のルールは、
「4ボール、ペアの合計スコア」で勝敗を決める事になっている。

なので、単純に「グロスの合計」が少なければ少ないほど、
勝利を収める確率が高くなるルールだ。

という事は、シングルKさんのスコアがいくら良くても、
俺のスコアがガチョーン!ならば「差し引きチャラ」どころか「スコアを加算!」という事態が発生し、
俺はただのポンコツ役立たずの足手まといになる危険性を大きくはらんでいるのだった。

この不安要素にがんじがらめに縛られて、
いつも以上の緊張とプレッシャーを感じる中で、俺はドライバーを振った。
左に引っ掛けるチーピンが俺の第1打目だった。

俺の望みと希望を託されているKさんのティーショット。
同じく左に曲がりながら飛んで行った。

ヤングチームのボールは、二人とも右側のラフへ。
対照的なスタートで幕が切って落とされたスタートホールだった。

<<続きを読む、、、


6月 242016
 

minami-nagano golfclub5

 

「南長野ゴルフ倶楽部」での後半戦、
ドライバーショットの修正に「意識するだけは限界がある」と感じた俺は、
普段通りのスイングで臨むことにした。

「気持ち良くクラブを振り切る!」

もう、これに尽きる。

血液型から判断しても、アレコレ色々考えてスイングするよりとにかく何も考えずにスイングする事が
やっぱり自分に一番合っているし、俺はそうやって自分の人生を切り開いてきた。

・後先は考えない
・ダメだったら諦める
・今が一番大切

これが俺の座右の銘なのだ!

思考をリセットした第1打目。
トップボールのゴロだった。
元気の良いラフは俺のボールを食って僅か100ヤード転がっただけで、
まだフェアウェイの始まりにも届いていなかった。

5番ウッドでの2打目は右に飛び出し、
つま先上りの3打目は左に引っ掛け、
4打目でやっとグリーンに乗せることが出来た俺。

しかしここからは、
高速グリーン対応に「羽毛タッチモーション」に切り替えた俺の見せ所だ

10mの下り、スライスライン。
当然1パットでは入らないから、カップ半径1mに寄せるだけでいい。
狙うは、カップを少し過ぎた残りが上りラインになるあの場所だ。

この、触れるか触れないかの微妙な距離感で上下に這わしてきた俺の「魔法の指先」なら
それくらいのタッチを出すことはお安い御用さ

しかしボールは、カップを過ぎるどころか1m内にも届かず、
下りラインが1.5mも残ってしまっていた。

<<続きを読む、、、


5月 102016
 

shank

 

今シーズンの初ラウンドでいきなりのシャンクに見舞われた俺だが、
実はその後のプレー中にも2回ばかり飛び出ていた。

となればやっぱり、「また出たらどうしよう・・・?」と急に臆病者になってしまうのは当たり前で、
気持ち良くクラブを振り抜くスイングから「出たら怖い。出たら怖い」とビクビクしながら
恐る恐るのスイングになってしまう。
その姿はまるで、誰もが寝静まっている真夜中の深夜に一人で便所へ行けない子供の様で、
そんなチキンでコケッコッコーな俺の姿がシーズン始めから出現していたのだ。

これではもはや、「ゴルフ初心者」の名を返上して今後は
「ゴルフ初体験者」と改名しなければ周りの人からは
「まぁ、生まれて初めてゴルフするんじゃ仕方がないよね。」
その下手さ加減を納得してもらえないだろう。

しかし、不思議だ。
なぜシャンクは出るのだろうか?
しかも、ラブストーリーと同じくらい「突然!」やってくるのは一体どうしてだろうか?

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。