8月 262016
 

Direction

 

「一人予約」でメンタルトレーニングを兼ねたラウンド。
ゴルフを始めた頃に出会ったシングルプレイヤー「ハチの兄貴」
運良く一緒にプレーすることに恵まれた俺だったが、
前半のスコアはドライバーのどスライスを連発して「56打」の何の成長も見られない姿を披露していた。

8年間の歳月と言えば、
ランドセルを背負っていた小学生が、成人式を迎えて世間に「大人」と認められる成長著しい年月だ。
「進化」することで生き残ってきた人間としては誰もが当たり前の様に成長していく時間の中で、
この俺に至っては、8年前と「何一つ変わっていない」という事は、
もはや生物学的には「人間ではない」という事になってしまう。

では、人間では無ければ俺は一体何なのか?

ゴルフと言うスポーツは、
自分のアイデンティティーまで破壊するほどの強力な威力を持っているとは、
なんと恐ろしいスポーツなのだろうか

そんな人間の皮を被ったミトコンドリアの俺に、
ハチの兄貴はポツリとつぶやいた。

「むらさん、向ている方向違うよ。」

えっ、なんですとっ!

俺はビックリして、慌てて「眠れる将軍」のポジションをチェックした。
大丈夫だ。いつも通りの「右寄り」になっている。

そんな俺の仕草にも目をくれず、ハチの兄貴は続けて言った。

「アドレスの時、すっげー右向いて構えているんだよ。」

ええぇっー!マジですかそれは!?

あまりにも衝撃的な言葉だった。
俺の頭の中では、「クリスタルキング」「ユゥアーショック!!」と絶叫しながら歌い続けるほど
衝撃的な言葉だった。

なぜなら俺は、
これまで8年間のゴルフ練習の中で常に欠かさず「ツアースティック」を使ってアドレス方向の確認を行ってきたから、
「ターゲットに向かってスクエアに構える」事だけは完璧に出来ていると思っている。

それが、「右を向いている」とは一体どういうことなのだ?

俺は兄貴に聞いた。

<<続きを読む、、、


8月 222016
 

weght traning

今シーズンが始まって既に4か月が過ぎたが、
100以下のスコアが出ていない俺。

丸8年間もゴルフを続けていると言うのに、
未だに「ゴルフ初心者カテゴリー」から脱出できずにいる。

今シーズン、ラウンド数が「月に2回」から50%ダウンしているが、
それでも練習自体はいつものペース「練習場でのボール打ち込み週に2度」はしっかり保ち、
夜の「ゴルフ番組の視聴」も欠かさず行っている。
にもかかわらず、ゴルフを始めた頃と何の代わり映えもない醜態を世間に晒している俺は、
改めて自分のプレーを振り返ってみようと、今シーズンのスコアカードを分析し始めた。

しかし、分析を開始した2秒後にはその結果が出ていた。

「ティーショットのミスショット」

これがスコアを悪くしている元凶だとスコアカードが冷静に物語っていた。

確かに、俺のドライバーショットは曲がる。
右に大きくスライスして行くので、そのほとんどがOBになってしまっている。

だから、ティーショットでしっかりフェアウェイを捉えた時は、
その後のショットが悪くても「ダボ」の成績以上は記録していないので、
二桁のダブルスコアとかボールを紛失するという無駄使いもなく、
とりあえず「ゴルフらしいプレー」が出来ているのだ。

となれば、この「どスライス」さえ無くなれば、
きっとスコアだってもっと良くなるだろうし、
むやみにやたらにコース外にボールをプレゼントする太っ腹な真似はしなくなるのだ。

しかし、不思議な事に、
打ちっ放しの練習場では見違えるほどのグッショッ!を連発している俺。
なので、もはや課題ははたった一つ。

「コースでOBを出さないドライバーショット」だ!

<<続きを読む、、、


8月 022016
 

projectX

 

ゴルフのセンスが全くないと判明した俺は、
「これから一体どうすればいいのか・・・?」と途方に暮れていた。

もうシングルゴルファーだなんて、絶対に無理だよな・・・。」
「どんなに練習したって、100切りもまともに出来ないし・・・。」
「やっぱり、ゴルフはもう諦めた方がいいんだ・・・。」

頭の中には悲観的な言葉しか浮かんでこない。
外を歩けば、常にうつむき加減で石ころを蹴飛ばしている俺だった。

俺は、これまで8年間ものゴルフ人生の中でやっと一つの答えを見つけ出した。
それは、
「100切りなんて簡単だよ。練習しなくたって出来るぜ!」
と言う言葉には、ある「前提条件」が含まれているって事だ。

その前提条件とはもちろん
「ゴルフのセンスがある」という条件だ。

言い換えれば、「持って生まれた才能」とも呼べるだろう。

「いやいやいや。100切りする事に才能なんて関係ないよ!」
とあなたは反論するかもしれないが、その反論するあなたはきっと
「俺よりゴルフが上手な人」に違いない。

そうあなたは、
ゴルフのセンスを持って生まれた「選ばれた者」で、
俺は「落選した人」なのだ。

<<続きを読む、、、


7月 122016
 

putting-techniques

 

相変わらず全く上達しない俺だが、それでも得意な事はある。

「3パットを叩かないパッティング」

だ。

この技術があるから俺は、
ドライバーショットがどスライスしても、
1ラウンドで最低4つはボールとグッバイしても、
常に100のアベレージを維持できているのだ。

そんな維持はしたくないのが本音だが、
もし俺に「羽毛タッチ」という究極のパッティング術が備わっていなかったとしたら、
丸7年もゴルフをしていながら未だに「ハーフでパープレー」の状態でいることだろう。

俺は、自分のこれまでの徘徊を振り返り、
「どんな経験が人生の役に立つか分からないよな。」とホッと胸を撫でおろした。

出来れば、パットの距離感で悩んでいるあなたにもこの究極のパッティング術「羽毛タッチ」を伝授したいのだが、
ハッキリ言ってこれは言葉で伝えられる物ではない!

魔法の指先とまで呼ばれているこの「羽毛タッチ」をマスターする唯一の手段は実践する事のみで、
あたなはひたすら指先を這わして、その感触を養う以外に方法はないのだ!

そしてあなたは、熱い吐息を聞いた数だけパットが上達し、
いつでもどんな時でも「2パットで収められる距離感」を手に入れて
3パットを撲滅する「羽毛タッチの達人」として成長していく。

だが、この達人の域に達するまでには、
かなりの年月が必要になる。

なので、「俺には、そんな時間がないよ」と言う人に、
今日は俺が密かに使っている「パットの裏技」をこっそりと教えようじゃないか。

<<続きを読む、、、


7月 062016
 

The secret to improve immediately2

 

ゴルフが、全く上達しない原因が分かって浮かれ飛んでいた俺だが、
うっかり見落としていたがあった。

「スコアアップできない原因の50%は、間違いなくあなたのクラブです。」
「原因の50%は」言うこの言葉だ。

どうやら悪いのは、100%クラブのせいではなく、
他にも原因があるらしいのだ。

じゃあ、残りの50%は一体どこに原因があるって言うんだ?
と、舞い上がっていた足を地に付けて改めてその原因究明に着手した俺。

考えられる原因として以下の項目が挙がってきた。

・力み過ぎ
・グリップの緩み
・正しいアドレスが出来ていない
・手振り
・ヘッドアップ、ルックアップ
・右肩が下がる
・上体が突っ込む
・振り急ぎ
・振り遅れ
・下半身のブレ
・体軸のズレ

しかし、これらの動作は練習する時にいつも意識しながらその改善に努めているから、
そんなにヒドイという事はないハズだ。

それに、俺の素振りを見た人全員が口を揃えて
「素振りだけ見れば、まさにプロだね!というセリフを吐くので、
ゴルフスイング自体に大きな問題があるとは考えにくい。

となればやっぱり、アレか?
アレが俺の上達を阻んでいるんだな??

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。