12月 042016
 

green-pepper

ゴルフをしていると「嫌な場面」に遭遇することが多い。
例えばそれは、自分の事だったり、他人の事だったり、その他の事だったりする。

自分の事で「何が嫌なのか?」と言うと、
ドライバーでは、「スライスする、ボールが飛ばない、常にボールを探している」し、
アイアンでは、「ダフる、トップする、低弾道」だったりで、
毎回毎回常にスコアを加算していくプレーぶりは、本当に嫌なものだ。

他人の事で「嫌だ」と思うのは、
・アドレスが異様に長い
・一度ボールを確認してから、クラブを取りにカートに戻る
・ホールアウトしないで、グリーン上でスコアを書き込んでいる
などに嫌悪感を感じる俺だが、
しかし、こんなゴルフもあったら間違いなく「嫌だ!」と感じるだろう。

「コースのヤーテージ表示が【m】になっている」

普段の生活の中では、「メートル」とか「センチ」で長さを把握しているので、
ゴルフ場もそれに合わせて!なんてやられたら、コレは逆に距離感が狂って嫌だ。

「グリーンがカラフル」

昔、卓球と言えば、「暗い、地味、マイナー」というイメージがあったが、
それが卓球台のの色を「緑色」から「青色」に変えて以来、
競技人口も増えメジャースポーツと変貌した。
なので、競技人口が減り続けているゴルフも、
グリーンの芝を「レッド」とかにしてカラフルにすればきっと変化が訪れるかもしれないが、
個人的には嫌だ。

「和のおもてなしをしてくれるゴルフ場」

出迎えは、和服姿で文金高島田のキャディーさんたち。
クラブハウス内には、琴と尺八の「春の海」が鳴り響き、
フロントの前には「枯山水」の庭園が設置されている
ゴルフクラブは、キャディーバックから取り出すのではなく、
腰に巻いた帯紐に差してコースを歩かなければならない。

<<続きを読む、、、


10月 262016
 

9th.mura-compe6

 

順調なスタート切った「むらコンペ」の前半戦。
3ホール目は、グリーンの位置が見えないブラインドホール。

しかし、この「上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部」で何度も苦渋を舐めている俺には、
ティーショットの打ち出し方向がしっかりインプットされている。

フェアウェイに小さく見えている旗をきっと誰もが「狙い目」にするだろうが、
そんなありきたりのコースマネジメントでは優勝することは不可能だ

出来るだけグリーン近くにボールを運び、
得意な距離でのアプローチでベタピンに寄せて、
1パットのバーディー。

絵に描いたような格好の良いプレーを同伴者に魅せつけ、
彼らの戦意を叩き潰して「どうやってもむらさんには敵わない」と心に劣等感を植え付け、
自分が主導権を握ってプレーを進めることが優勝するためには最も重要な戦略なのだ!

IPの黄色い旗はティーグランドから左に見えるが、
俺の狙い目はもちろん右側のり面方向だ。

ここでも俺のドライバーはイメージと寸分の狂いもなく、
狙い目に向かって飛んで行ったのだった。

ひらじいさんは、セオリー通り黄色い旗狙いののナイスショット。
ヨーコさんも同じくしっかりフェアウェイをキープしていた。

きっと二人の眼には、
「むらさんのドライバー、全然スライスしないじゃないの」
と映っている事だろう。

確かに、今日の俺のドライバーは真っ直ぐ飛んいる。
飛距離も自分でビックリするくらい飛んでいるから、
内心は「どうだ!スゲぇだろ!!」と優越感で一杯だった。

しかし、このまま好調なショットを繰り出していたら、
俺は「嘘つきむらさん」と呼ばれてしまう危険性がある。

日記では、「永遠のどスライサー、ゴルフ初心者の全国代表」などと言っておきながら、
実際は「全く違う!」となれば、
・嘘つき
・偽善者
・ペテン師
・オオカミ少年
・与太郎
・最低!
・もう近寄らないで!!
などと呼ばれ、
愛想と共に三下り半を突き付けられて、
一人孤独なオンリーロンリーゴルフライフを送ることになってしまう。

そんな寂しい生活だけは絶対に避けなければならないが、
しかし、この好調は維持したい!
さらには、悲願の「優勝」をこの手に掴み、
ドラコンニアピンの他、全てのアトラクションに名を残して、
おまけにコンペ賞品までも総取りでゲットしたい!!
そして俺は、未だに誰も成しえていない「コンぺ主催者優勝」という空前の記録を
歴史に刻み込みたいのだ!!!

<<続きを読む、、、


7月 122016
 

putting-techniques

 

相変わらず全く上達しない俺だが、それでも得意な事はある。

「3パットを叩かないパッティング」

だ。

この技術があるから俺は、
ドライバーショットがどスライスしても、
1ラウンドで最低4つはボールとグッバイしても、
常に100のアベレージを維持できているのだ。

そんな維持はしたくないのが本音だが、
もし俺に「羽毛タッチ」という究極のパッティング術が備わっていなかったとしたら、
丸7年もゴルフをしていながら未だに「ハーフでパープレー」の状態でいることだろう。

俺は、自分のこれまでの徘徊を振り返り、
「どんな経験が人生の役に立つか分からないよな。」とホッと胸を撫でおろした。

出来れば、パットの距離感で悩んでいるあなたにもこの究極のパッティング術「羽毛タッチ」を伝授したいのだが、
ハッキリ言ってこれは言葉で伝えられる物ではない!

魔法の指先とまで呼ばれているこの「羽毛タッチ」をマスターする唯一の手段は実践する事のみで、
あたなはひたすら指先を這わして、その感触を養う以外に方法はないのだ!

そしてあなたは、熱い吐息を聞いた数だけパットが上達し、
いつでもどんな時でも「2パットで収められる距離感」を手に入れて
3パットを撲滅する「羽毛タッチの達人」として成長していく。

だが、この達人の域に達するまでには、
かなりの年月が必要になる。

なので、「俺には、そんな時間がないよ」と言う人に、
今日は俺が密かに使っている「パットの裏技」をこっそりと教えようじゃないか。

<<続きを読む、、、


6月 302016
 

excuse

「絶対に100切りして見せますからっ!」と、

ゴルフの師匠に向かって大見得を切ってラウンドに挑んだ俺。
しかし、見るも無残、語る悲惨にその宣言は達成されなかった。

これで、俺の「大ボラ吹き」が確定してしまう。

小さい頃に両親や、じいちゃん、ばあちゃんに、
「いいか、嘘をつく人間だけにはなっちゃイケナイよ。」と育てられてきたハズなのに、
それをいともたやすく何の良心の呵責も感じずに覆してしまった俺は、
一体いつからこんなオオカミ少年になってしまったのだろうか?

いや。誰だって切羽詰まった状況に立たされれば、
口から出まかせのその場しのぎの嘘をついてしまう事はある。

例えば、桃色店のポケットティッシュや、
ちょっと露出の多い服を着ている女性からの名刺が出てきた時などは、
「これな、駅前で配ってたんや。」と急に関西弁で説明するし、
上司からの「頼んでおいて資料、どうなっている?」の言葉には、
「はい、大丈夫です。今日の午後にはお渡しできると思います。」と、
すっかり忘れていたことを悟られない為に言うセリフなどがまさしくそうだ。

こんな状況は誰にも日常的に起こっている事だから、
自分が言った言葉が「嘘」だという認識すら持っていないし、
中には「嘘は会話のスパイスだよ。」とその正当性を堂々と主張する人までもいる。

という事は、俺の強い宣言も、
決して嘘ではなくて「円滑なコミュニケーションの一つ」と捉える事が出来るかもしれない。

「話題として楽しかったよね」と。

<<続きを読む、、、


4月 302016
 

 iizuna-kogen golf course10

 

今シーズンの初ラウンド、スタートホールでいきなりシャンクに見舞われた俺だが、
ここで心を乱すことなくダボで収めることが出来たのも、
今まで積み重ねてきた「努力」が実っているという証拠だろう。
しかし、次のロングホールでは、
ティーショットでチョロしてしまい僅か50ヤード先にボール飛んだだけだった。

嫌な予感が広がる。
シャンクの次にチョロときたら、
後に待っているのは「ダフり」「トップ」だ。

初ラウンドの2ホールにして、
ミスショットの全てに遭遇すれば、この後のプレーが一体どんな事態が発生するのかくらい
こんな俺でも容易に想像できる。

「このセカンドショットが、成否の分かれ目になるな・・・。」

俺は、左後方で足を止めたシングルKさんと飛ばし屋Tくんの視線を背中に熱く感じながら、
キャディーバックから7番アイアンを取り出しアドレスした。

グリーンまではまだ400ヤードは残っている。
ライをそれほど悪くないから、スプーンかクリークでもスイングは出来る状況だ。

しかし、この場面で俺に求められている事は、
「ボールを遠くへ飛ばす」ことではなく、
「フェアウェイにボールを戻すこと」だ。しかも確実に。

となれば、俺がボールの行方をある程度想像できて、なおかつ、
距離の稼げるクラブと言えば、この番手がマックスだった。

だが、全く不安が無かった訳ではない。

今回の初ラウンド、ドライバーを替えたばかりだけではなく、
アイアンも新しいクラブに交換していた

確かに、打ちっ放しの練習では何度か試し打ちはしていたが、
実践で使用するのはほぼ初めてだった。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。