12月 042016
 

green-pepper

ゴルフをしていると「嫌な場面」に遭遇することが多い。
例えばそれは、自分の事だったり、他人の事だったり、その他の事だったりする。

自分の事で「何が嫌なのか?」と言うと、
ドライバーでは、「スライスする、ボールが飛ばない、常にボールを探している」し、
アイアンでは、「ダフる、トップする、低弾道」だったりで、
毎回毎回常にスコアを加算していくプレーぶりは、本当に嫌なものだ。

他人の事で「嫌だ」と思うのは、
・アドレスが異様に長い
・一度ボールを確認してから、クラブを取りにカートに戻る
・ホールアウトしないで、グリーン上でスコアを書き込んでいる
などに嫌悪感を感じる俺だが、
しかし、こんなゴルフもあったら間違いなく「嫌だ!」と感じるだろう。

「コースのヤーテージ表示が【m】になっている」

普段の生活の中では、「メートル」とか「センチ」で長さを把握しているので、
ゴルフ場もそれに合わせて!なんてやられたら、コレは逆に距離感が狂って嫌だ。

「グリーンがカラフル」

昔、卓球と言えば、「暗い、地味、マイナー」というイメージがあったが、
それが卓球台のの色を「緑色」から「青色」に変えて以来、
競技人口も増えメジャースポーツと変貌した。
なので、競技人口が減り続けているゴルフも、
グリーンの芝を「レッド」とかにしてカラフルにすればきっと変化が訪れるかもしれないが、
個人的には嫌だ。

「和のおもてなしをしてくれるゴルフ場」

出迎えは、和服姿で文金高島田のキャディーさんたち。
クラブハウス内には、琴と尺八の「春の海」が鳴り響き、
フロントの前には「枯山水」の庭園が設置されている
ゴルフクラブは、キャディーバックから取り出すのではなく、
腰に巻いた帯紐に差してコースを歩かなければならない。

<<続きを読む、、、


11月 242016
 

mental-training

 

ゴルフって、
「メンタルなスポーツ」
だと言われるじゃないですか。

「心が強くなければ良いスコアが出せない」
とも。

じゃあ、その「心の強化」って、
一体どうやって鍛えればいいのだろうか?
私みたいなチキンハートは思うワケですっ。

だけど、
考えているばかりじゃダメなんですね。

そんなことを、先日出掛けたゴルフ練習場で教えてもらいました。

ある「一匹のネコ」に・・・。

 

 


11月 202016
 

drinker

コンペが終わった後、俺はフヌケになった

「むらさんて、なんか変な匂いしない?
肩にフケが乗っているし、お風呂入っているのかな?」
って言われたらそれは「フケツ」だが、
むらコンペ以来全くゴルフをする気力も無くなって、
練習する意欲も起こらずに、ただ毎日、
淀んだ水溜りにプカプカと浮かぶボーフラの様にその日暮らしの生活している。

あれほど好きだった女子プロツアーのテレビ中継も見ることなくなり、
結果だけをネットや新聞でチラッと見るだけ。

夕食時には、必ずと言っていいほど見ていた「ゴルフの神髄」
スマホの小さい画面でも存分に楽しんでいたが、
それも今では、「ホンマでっか!TV」「しゃべくり007」のお笑い番組に変わり、
唯一変わらないのは柿ピーを食いながら缶ビールを飲んでいる習慣だけだ。

部屋には常備「パター」「スイングトレーナー」が置いてあり、
いつでもどんな時でもゴルフ練習が出来るようになっているが、
それも今では、部屋の隅にひっそりと佇んで存在していることすら忘れてしまっている。

いずれ視聴としようネットでポチッと購入したDVDは既に3本。
しかしそれらは、袋が開封されないままホコリがかぶっているし、
「復習で読もう」とデスクの上に積まれたレッスンブックも数冊あるが、
またその上に新しいゴルフ雑誌が積まれてさらにその高さは増す一方だ。

「シングルゴルファー」を目指して、練習に練習を重ねてゴルフに取り組んだきた9年間。
ひたすら「打つべし!打つべし!打つべし!」と汗を流し、
一向に上達しないゴルフに諦めることなく努力を続け、
限りある中で捻出した時間を効率的に使い、
与えられた金銭の大部分をつぎ込みながらゴルフ練習に明け暮れてきた日々だったが、
俺は、「むらコンペ」が終わって以来、本当に腑抜けになってしまった

ラウンドに出掛けず、練習場も行かず、
日常会話の中でもゴルフの話題が一つも出ることがない
そんなゴルフからの決別した生活を送っているのだった。

<<続きを読む、、、


9月 162016
 

東京って不思議な街だ。

信州の田舎に住んでいる俺は、
ゴルフ練習もそっちのけで未だに大都会をフラフラとさまよっているが、
時にマジでビックリすることに遭遇する。

今回はそれをお届けしたい。

まず、
「東京に住んでいる鳩は、エレベーターに乗る」

えっ、そんバカなことあるワケないでしょ!
ときっとあなたはそう思うかもしれないが、
これは本当なのだ。

俺が新宿で出会った鳩は、
踊り場に並んでエレベーター待ちをしていたのだった。

 

wonder-town3

 

東京と言えば、
やっぱり「歌舞伎町」に行かなければ話は始まらない。

当然俺も真っ先に出掛けたのだが、
歌舞伎町にあるコンビニは、ちょっと変わっている。

信州のコンビニには売っていない物が数たくさん並んでいるのだ。

そう聞くときっとあなたは、
どうせ「地域限定!」とか書いてあるヤツでしょ。
と思うかもしれないが、そんな安易なパッケージにビックリするほど
俺はまだ落ちぶれちゃいない。

東京には、
田舎者の想像を遥かに超えるコンビニが存在しているのだ。
 
<<続きを読む、、、


9月 112016
 

shinjuku

ただ今、大都会「Tokyo」に来ている私は、
どうやらふしだらな生活、あっいや、不規則な生活の為か、
タオルを絞っただけで手の平の皮膚がベロベロベロー!と剥けてしまい
かなり身体が弱っている今日この頃ですが、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

さて。
普段、信州のド田舎に住んでいる私、
東京いるのもあと1週間になってしまいました。

という事で、
いきなりの「スペシャル企画」をぶち立ててみたので
発表したいと思います!

「アマゴルファー・むら番外編
第1回むらオフ会 in Tokyo
開催決定!!

 

いやね、この日記を読んでいる人って、
結構「東京の人」が多いんですよ。
(※2014むらアンケートからの分析)

でもですね、コメントとかメッセージくれる人は極わずかなので、
私、「俺との関わりたくないんですねっ。」と淋しい気持ちでいっぱいなんですっ。(涙)

その気持ち、何となくは分かりますけど・・・。

まぁ、東京と信州では距離も遠く離れているから、
「今度、一緒にゴルフどうですか?」なんて気軽に声も掛けられないし、
いや、きっと掛けたくないとは思いますけど、それならそれで、
「じゃあ、俺がお前に会いに行ってやるぜ!」とこの機会にかこつけて
「むらオフ会」なんてリアルえベントをぶち立ててみたのですが、
いかがでしょうか?(笑)

「アマゴルファー・むら番外編
第1回むらオフ会 in Tokyo

開催日:平成28年9月14日(水曜日)

場所:東京都新宿区「鳥造 新宿西口店」(銘柄鶏料理、通のみぞ知る本格九州料理店)
(西新宿1-4-7 高野ビル3F TEL;050-5815-1902)

※新宿駅西口から徒歩3分、
「小田急ハルク ビッグカメラ」がとりあえずの目印です。

地図はこちら→ https://goo.gl/maps/UC4ugZ6TSMA2

費用:¥4000くらい(各自の飲食代です)

時間:18:30頃から~約2時間

※集合場所は設けていませんので、直接お店にお集まりくださいねー。

以上です。

「むらオフ会」に参加するのはとっても簡単です!

こちらの「コメント欄」か、または「むらにメッセージを送る」から
「行きますよ~」と書き込んでください。
当日のギリギリまでお待ちしています。(笑)

さぁ、今年初めて開催する「むらオフ会」
もしかしたら、これが最後になる可能性もありますが、
果たして一体どんな内容になるのか?
どんなメンバーが集まるのか全く不明ですけど、
短い時間のひととき「ゴルフ談義」に花を咲かして盛り上がりましょうネ!

あなたとお会いできることを楽しみしていますよ!^^

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。