アプローチ

狂いだした歯車

ueda maruko grandvrio golf10

 

この上ないほどの絶好なゴルフ日和の中で開催された
「第8回むら感謝還元コンペ」

スタートホールから既に「6オーバー」のスコアを記録してしまった俺。
きっとこの状況を見て同伴者の3人は、身体を縛り付けていた緊張感から開放されて
伸び伸びとしたプレーが出来るようになるだろう。

初顔合わせで、互いの素性もよく分からない中では、
想像以上の強いプレッシャーに襲われ自分のゴルフが出来ない状態になる事は、
過去に何度も経験している俺。

だから、まずはその苦しみから解き放ってあげることが、
コンペ主催者に一番求められることなのだ。

しかし、
これは「建て前」での話。

実際は、同伴者の「心の緩み」を引き出す
【ミッション1】が実行されていただけに過ぎない。

人間は、極度の緊張から開放されると、
通常以上に心の緩みが発生しやすい性質を持っている。

足元が安定せず常にフラフラしている不安定な場所で男女が出会うと、
「恋に発展する」という心理実験「吊り橋効果」に基づく計画なのさ。

不安と緊張が渦巻くスタートホールに、光輝きながら空から舞い降りた俺の姿は、
まさしく「天使」そのものだが、実はそれが「偽りの姿」だと言うことに
まだ誰一人として気付いてはいなかった。

みまきコースの2番は、打ち下ろしのミドルホールだ。

「このホールはですねー、左だけは絶対ダメですよー!
ホラ、OB杭が見えるでしょ。」
と、心優しい天使の俺は丁寧なコース説明を行った。

しかし、オナーの緑のカエル親父さんは、
大きく左に引っかかるドライバーを打ってしまった。

「たぶん、大丈夫だと思うんですけど・・・。
念の為、暫定球を打っておいてくださいね~。」
と、いかにも「大丈夫!セーフですよ!!」という安心の言葉を掛けた俺だが、
内心は「シメシメ」と笑っていたことは分かるまい。

それを見た2番目に打つしんさんは、
またもや、手堅いティーショットをフェアウェイに放っていった。

3番目はポンコツ野郎さん。
スタートホールはチョロっていたが、一体どんなショットを披露してくるのか?

相変わらず、ルーティンの素振りは力強い。
上半身をしっかり捻転させて、小ぶりな身体全体を余すことなく使っている見事なボディターンスイングは、
秋晴れの信州の空を引き裂く「ビッグドライブ」だった。

「うわっ!スゲー飛んでる!!」

同伴者全員が、
そのドライバーショットにド肝を抜かれてしまっていた。

最後のティーショットはもちろん俺。

不安要素いっぱいのドライバーだが、でも、そんな事をいつまでも恐れていては
この「ミッション・インポッシブル」を成し遂げる事は出来やしない。

とりあえず、左にだけは打たないようにと、
「逃げの一打」でしっかりフェアウェイをキープした。

暫定球のカエル親父さん、またしても左に大きく引っかかるドライバー。
続きざまに2回目の暫定球を打っていた。

この状況で、まずは「脱落者1名確定」となった緑のカエル親父さん。

今回のパーティーでは、彼が「一番の強敵」だと予想していた俺は、
まんまと作戦にハマってくれた事に一人密かに喜びを噛みしめていた。

しかし、OBだと思われた第一打目がなんとセーフ。
OB杭すれすれの所にボールが残っていたのだった。

俺の計画書には、
「誰よりも早くボールを確認しに行って、素知らぬ顔でボールをOB外に蹴飛ばしておく」
と書かれていたが、
自分のナイスショットに浮かれてすっかり忘れていた事を猛烈に反省した。

ここから盛り返したカエル親父さん。
3オンの1パットでしのいで「パー」でホールアウトした。

しんさんは、右のラフ。
ビックドライブだったポンコツ野郎さんもラフ。

ただ一人、フェアウェイから第2打目を打てるのは俺だけだったが、
まともにボールが当たらないアイショットは、残り100ヤードでもトップボール。

しかし、俺には「武器」があった。
「寄せのアプローチショット」
という武器が。

上げては寄せるその技は、別名「天使のアプ」と呼ばれて時に威力を発揮してくれるから、
俺も「だっちゅーの!」と言わんばかりに見せつけることが出来る秘密兵器となっていた。

このホールを「パー」で上がった俺は、
颯爽と次のホールにカートを進めた。

みまきの3番ホールは「ブラインドホール」

しかも、1打目が打ち上げになっているので、
全く前の状況が分からない鬼門のホールだ。

「よしよし。みんな1打目の狙い目が分からなくて不安になっているな・・・。」

今までに何度もプレーをしてコースを知り尽くし、しかも、「研究&分析」を行ってきた俺は、
何のためらいもなくドライバー振ってナイスショットを生み出すことに成功していた。

「心の余裕」は、
ここまで自分のスイングを変えてくれるものなのか?

同伴者3人の脳裏には、
「むらさんのドライバーショット、全然問題ナシ!
とインプットされたことだろう。

しかし、調子の良いのはドライバーだけで、
やはりアイアンショットはダメダメだった。

パットのタッチも、このトーナメントコースのグリーンに全く合わずに、
3パットも飛び出していた。

そんな俺の姿をよそに、好調だったのはポンコツ野郎さんだった。

ueda maruko grandvrio golf11

 

初めてのコースの中で、静かに落ち着いた淡々としたプレーは、
とても「ゴルフ初心者」だとは思えない姿だった。

確かゴルフ歴は、俺より「短い」と言っていた筈だが、
前半のスコアを「45打(15パット)」としていたのだった。

緑のカエル親父さんは5オーバーの「41打(17パット)」
脱落者どころか、ぶっちぎりのトップを突っ走っていた

しんさんのスコアは「50打(20パット)」
「年間に7,8回のラウンドしない」という彼は、当然このコースも「初コース」。
それを考えると、「ナイスプレー!」という言葉しか見つからない。

そして、俺は「53打(17パット)」で、
一人置いてけぼりの状態だったのだ

 
ueda maruko grandvrio golf13

ueda maruko grandvrio golf14

ueda maruko grandvrio golf15

 

昼のビュッフェ料理をガッツキながら、
「こうなったら、もう奥の手を出すしかナイな・・・。」と、
「むら計画No1」を頭の中で見返していく俺。

残りの9ホールで、
遂に「最終ミッション」を実行する覚悟を固め、
そして、後半戦に向かって行ったのだった・・・。

To be continued.

 

ピックアップ記事

  1. アスリート達のコンペに参加した
  2. アマゴルファー・むらから「お・知・ら・せ」
  3. これから俺の進む道
  4. 後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
  5. スイングの反省点

関連記事

  1. ラウンド

    決して一人では見ないでください・・・

    暑い夏、あなたはいかがお過ごしだろうか?これだけ暑い日…

  2. ゴルフ練習

    番外編、スペシャル企画のお知らせ!

    ただ今、大都会「Tokyo」に来ている私は、どうやらふしだ…

  3. おすすめのゴルフ場

    完全犯罪までの道程

    遂に開催された「第8回むら感謝還元コンペ」。ゴルフを心から愛す…

  4. ゴルフイベント

    ウルトラ魂

    遂にこの日がやって来た。俺の「ゴル…

  5. ドライバー

    コンペで優勝するための極意

    遂に、今年も開催された「第9回アマゴルファー・むら感謝還元コンペ」 …

  6. ゴルフ練習

    バックスピンをかけるアプローチの打ち方

    グリーン上で、「キュキュッとバックスピンが掛かるアプローチ…

コメント

    • ラディのパパ
    • 2015年 10月 26日

    むらさん、こんにちは!

    アイアンのトップボール、問題ですよね~。
    やはりアイアンは、綺麗に上がって止まるボールを打ちたいですよね。
    わたしは、ひたすら練習でティーアップしたボールを打ってトップボール対策中です。

    さて、ラウンド報告です。
    昨日は、T木県でラウンドして来ました。
    距離は短くフェアウェイは狭め、バンカー、池、クリークが多く、トリッキーなコースでした。
    コース設計はジャックニクラスだそうです。
    前半50打、17パット、後半51打、15パット。トータル101打、32パット。
    うちOB3回、バンカーから3打で脱出と、なかなか厳しい戦いでした。

    「ゴルフとは、逃げて逃げて、逃げまくるスポーツだ」
    と、誰かが言ってましたね~。
    バンカーに入れないつもりで打ったボールがバンカーに入ったり…
    OBを打たないつもりで持ったクラブでOBを打ったり…
    コース設計者って、ゴルファーの泣き所を突いて設計してますよね。
    ジャックって、本当に意地悪なんだから…( ;∀;)

    と、まぁ今回も残念ながら100切りは出来なかったんですが、新たな発見がありました!
    今まで後半になると疲れから集中力が落ち、スコアがガタ落ちするパターンが多かったんですね。
    で、今回「ある物」を飲みながらラウンドしていたら、集中力が切れることなく最後までプレーする事が出来たんですよ!

    さて、その「ある物」とは何でしょう~?
    むらさん、当ててみて下さい!( *´艸`)
    実はこれ、むらコンペで「シングルKさん」にこっそりと教えてもらった事なんですよっ!

    「シングルKさん」本当に効果抜群でしたよ~!(*^^)vサンキュ~‼

    • そう、同じく「綺麗に上がって止まるボール」を打ちたいと常に練習をしているんですが、
      これもなかなか難しくて・・・。^^;
      でも、先日練習場で「自撮り」練習をしていて、
      「うん?もしかしてコレを直せば上手く打てるなかな?」と、思ったところがビンゴ!
      マジで「見違える弾道」になったんですよっ!
      今までの俺は一体何だったんだ!?と言うくらいの変態、いえ、変身でしたっ。(笑)

      今回は東北地方に遠征でしたか?
      でも、その「名プレイヤー」が設計したコースで、見事100切り!に近づいたとは、
      イイ感じですよねー。ほんと、惜しい!
      もしかして、パット数は「ベスト」でした?32打とはナイスですね!

      その「ある物」、私も使っていますよ。もちろん!
      アレでしょ、アレ?血流が良くなっちゃうあの「バ」と「ア」の言葉が付く物。
      フッフッフッ。遂に使っちゃいましたか?
      「バニラアイス」を。(*ノェノ)キャー

        • ラディのパパ
        • 2015年 10月 27日

        おっ!
        自撮り練習できっかけを掴んじゃいました?
        あとは、コースでもナイスショットが出るように練習するだけですね。
        これでむらさんも90台が安定して出るようになるんじゃないですか~?
        頑張って「変態」…じゃなかった、「変身」して下さいね!

        32パット。
        確かにこれは、自己ベストかも知れませんね。
        最初の3~4ホール目までは、キャディさんのアドバイスを聞いてパットしていたのですが、それ以降は自分の読みでパットしていました。
        場数をこなして来たせいか、グリーンの読みが当たるようになって来たようです。
        タッチもそこそこ合っていたのが結果に繋がったんでしょうね。

        そう…「バニラアイス」
        甘くって、冷たくって、これを食べながらプレーすると、疲れも取れていい感じで動けるんですよね~。
        …って、なんでやねん! 溶けてしまうやないか~~い!(;^ω^)

        う~ん、残念!
        正解は「〇イアグラ」でした~!
        なんちゃって~( *´艸`)

        本当の正解は「アミノバイタル」でした~!
        まぁ、むらさんも飲んでいるようなので、効果のほどはお解りですね!
        わたしも今後は「ゴルフの相棒」として、活用しますよ~!

      • この「自撮り練習」の効果、近日中にコースで検証する予定です。
        さぁ、一体どんな結果が待っているでしょうか?
        その報告をお待ち下さい!(笑)

        パット数って、ほんとスコアの良し悪しに直結しますよねー。
        でも、入る時は入るし、入らない時は入らない!
        例え、ラインが分かっていたとしても。
        タッチと読みがバッチリ合った時の「快感」はたまりませんけど~。^^

        シーズン終盤ですが、かなり調子を上げてきた様子ですね。
        グリーンに自信が出ているようですから、これは「100切り」する日が直ぐにやってきて、さらに90台も突破して、「あれ?むらさんまだ100を叩いているの?」なんて状況に
        なっている様な。(汗)
        ぜひ「例のお薬」を飲みながら、がんばってください~!
        冬間近の信州から、健闘をお祈りしていますよ!^^

    • ポンコツ野郎Aチーム
    • 2015年 10月 25日

    あのルーティンと、アドレスに入ったら、すぐテークバック〜ショットする。
    素晴らしいです!!

    俺はやりたくても、中々出来ません。
    アドレスに入ってから固まってしまい、それがミスショットの原因の一つなんですけどねー。

    俺が教えてもらってる人が良く言うんですが、「アドレスに入ってから時間を掛ければ掛けるほどロクな事にならない!」

    流石むらさん!
    俺とはゴルフ歴の違いを感じましたよー。

    アレを何としてでも体得せねば!^ ^

    • 昔、ゴルフを始めたばかりの頃に、「プロのルーティン」を真似していたら、
      「むら!アドレス長過ぎ!!」と、同伴者にクレームを受けたことがあるんです。
      「下手なヤツに限って、アドレスが長いんだよな!」と。
      それ以来、出来るだけ「構えたら直ぐに打つ」を心がけているんですが、
      これがなかなか難しくて・・・。^^;
      もっと早く打てるように、練習して行きたいと思っています。
      別名「早打ちマック」と呼ばれるように。(゚д゚)!

  1. あ~早く続きが読みたいです~。
    ヘタなドラマよかむらさんのブログは面白いですから

    • へたなゴルフをお届けしていますが、楽しんでもらえて良かったですよっ。(笑)
      さぁ、一体どんな結末が待っているでしょうか?
      お楽しみに~。^^

    • ポンコツ野郎Aチーム
    • 2015年 10月 25日

    いやー。ダメだと思う程に、悪い癖の煽り打ちになってしまいダメダメでした(ーー;)
    次回までに何とかせねば(T ^ T)

    前も言いましたが、むらさんのルーティン素晴らしいですね。
    真似しようと思っているのですが、アレがなかなか出来ない!
    練習してモノにしてみせますよー(`_´)ゞ

    • あらっ、そーでした?
      そんな感じは全く見受けられない「力強いスイング」でしたよ!
      「こりゃー、相当練習しているな?」と思うくらいに。

      へっ、そ~なんですか?
      こんな私でも、褒められるところがあったとは、ちょっと嬉しいですね!(笑)
      で、その他は「反面教師」としてお役立てくださいっ。^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ゴルフ練習

    信州岬
  2. ドライバー

    スイングの反省点
  3. ラウンド

    アスリート達のコンペに参加した
  4. ゴルフ練習

    チェリーボーイ
  5. ゴルフ練習

    後半にスコアが崩れてしまう原因とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。