9月 282016
 

どう考えても俺たち「アダルトチーム」不利なダブルス戦

年老いた身体で体力も衰え、
右も左も夏子もとん平も分からない初めてのコースで、
今シーズンは「100切り」すら一回も出来ていない俺。

いくら「シングルゴルファーKさん」とペアになっているとは言え、
相手チームは若い力で獣のように襲い掛かる「ヤングチーム」
一瞬の気の緩みも許されない状況だ。

前半戦は、俺たちアダルトチームが運良く「-3打」リードしたが、
それがアッと言う間にひっくり返ってもおかしくはない。

俺のドライバーショットがいつ「本来の姿」を取り戻し、
青く澄み渡った大空にキレイなカーブを描きながら白杭の彼方に消えて行っても
全く不思議ではないのだ。

nagano-international country club7

 
「妙高コース」のティーショット、
両側の木がせり出してフェアウェイが狭く感じる打ち下ろしのホールで、
俺は、左のラフにボールを残す事に成功していた。

シングルKさんはボールを右に曲げて林の中へ。

対するヤングチームの飛ばし屋Tくんは、
安全策のアイアンティーショットでフェアウェイをキープし、
アスリートKくんは、右に大きくボールを曲げて林の中へ突入していた。

「ヨシっ。この調子なら今日こそはイケるかも知れないぞ。」
小さく拳を握り締めてガッツポーズをした俺だったが、
実は心の中では、
「でも、どうして今日はスライスが出ないんだろう・・・?」
と疑問の答えを探し求めていた。

<<続きを読む、、、


9月 222016
 

nagano-international country club6

 

2年ぶりに来たコース「長野国際カントリークラブ」で、
突然の「ダブルス戦」を挑まれた俺。

ペアを組むのは「シングルKさん」だから安心しているが、
それでも不安が全て消えたワケではない。

まず、不安要素その1。
今回対戦するペアが、
「飛ばし屋Tくん&アスリートKくん」のヤングチームという事だ。

この二人、ゴルフを始めて7年くらいにもかかわらず、
既に「80台のスコア」バンバン出している
しかも、ドライバーの飛距離は250ヤードを軽く超えるビッグドライブを放つ。
俺の方が身長も高く、腕廻り脚廻り腹廻りの発達した強靭な肉体美を誇っているが、
彼らのボールの100ヤードも後方に「おいてきぼり」で、俺はいつも一人寂しく孤独を味わっているのだ。
さらには、「あれはOBに入っちゃったよね~」と言う弾道が、
何故か常に木に当たってコースに戻ってくるという強運を持ち合わせていた。

不安要素その2。
俺たちアダルトチームが、「プレーするコースを初体験」という事だ。

確かに、俺はこのゴルフ場に一度来た事がある。
しかし、今回ラウンドするコースは俺も初めての「妙高コース」が含まれている。
さらに、シングルKさんにおいては初体験チェリーボーイの初ラウンドで、
どんなコースレイアウトになっているのか?
どこにハザードがあって、どこがOBなのか?
グリーンは?芝目は?ボールの転がり具合はどうなのか?など、
右も左も北も南の陽子も分からない状態なのだ。

不安要素その3。
「俺のプレーに全てが懸かっている」という事だ。

今回の「ペアマッチ・ダブルス戦」のルールは、
「4ボール、ペアの合計スコア」で勝敗を決める事になっている。

なので、単純に「グロスの合計」が少なければ少ないほど、
勝利を収める確率が高くなるルールだ。

という事は、シングルKさんのスコアがいくら良くても、
俺のスコアがガチョーン!ならば「差し引きチャラ」どころか「スコアを加算!」という事態が発生し、
俺はただのポンコツ役立たずの足手まといになる危険性を大きくはらんでいるのだった。

この不安要素にがんじがらめに縛られて、
いつも以上の緊張とプレッシャーを感じる中で、俺はドライバーを振った。
左に引っ掛けるチーピンが俺の第1打目だった。

俺の望みと希望を託されているKさんのティーショット。
同じく左に曲がりながら飛んで行った。

ヤングチームのボールは、二人とも右側のラフへ。
対照的なスタートで幕が切って落とされたスタートホールだった。

<<続きを読む、、、


9月 162016
 

東京って不思議な街だ。

信州の田舎に住んでいる俺は、
ゴルフ練習もそっちのけで未だに大都会をフラフラとさまよっているが、
時にマジでビックリすることに遭遇する。

今回はそれをお届けしたい。

まず、
「東京に住んでいる鳩は、エレベーターに乗る」

えっ、そんバカなことあるワケないでしょ!
ときっとあなたはそう思うかもしれないが、
これは本当なのだ。

俺が新宿で出会った鳩は、
踊り場に並んでエレベーター待ちをしていたのだった。

 

wonder-town3

 

東京と言えば、
やっぱり「歌舞伎町」に行かなければ話は始まらない。

当然俺も真っ先に出掛けたのだが、
歌舞伎町にあるコンビニは、ちょっと変わっている。

信州のコンビニには売っていない物が数たくさん並んでいるのだ。

そう聞くときっとあなたは、
どうせ「地域限定!」とか書いてあるヤツでしょ。
と思うかもしれないが、そんな安易なパッケージにビックリするほど
俺はまだ落ちぶれちゃいない。

東京には、
田舎者の想像を遥かに超えるコンビニが存在しているのだ。
 
<<続きを読む、、、


9月 112016
 

shinjuku

ただ今、大都会「Tokyo」に来ている私は、
どうやらふしだらな生活、あっいや、不規則な生活の為か、
タオルを絞っただけで手の平の皮膚がベロベロベロー!と剥けてしまい
かなり身体が弱っている今日この頃ですが、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

さて。
普段、信州のド田舎に住んでいる私、
東京いるのもあと1週間になってしまいました。

という事で、
いきなりの「スペシャル企画」をぶち立ててみたので
発表したいと思います!

「アマゴルファー・むら番外編
第1回むらオフ会 in Tokyo
開催決定!!

 

いやね、この日記を読んでいる人って、
結構「東京の人」が多いんですよ。
(※2014むらアンケートからの分析)

でもですね、コメントとかメッセージくれる人は極わずかなので、
私、「俺との関わりたくないんですねっ。」と淋しい気持ちでいっぱいなんですっ。(涙)

その気持ち、何となくは分かりますけど・・・。

まぁ、東京と信州では距離も遠く離れているから、
「今度、一緒にゴルフどうですか?」なんて気軽に声も掛けられないし、
いや、きっと掛けたくないとは思いますけど、それならそれで、
「じゃあ、俺がお前に会いに行ってやるぜ!」とこの機会にかこつけて
「むらオフ会」なんてリアルえベントをぶち立ててみたのですが、
いかがでしょうか?(笑)

「アマゴルファー・むら番外編
第1回むらオフ会 in Tokyo

開催日:平成28年9月14日(水曜日)

場所:東京都新宿区「鳥造 新宿西口店」(銘柄鶏料理、通のみぞ知る本格九州料理店)
(西新宿1-4-7 高野ビル3F TEL;050-5815-1902)

※新宿駅西口から徒歩3分、
「小田急ハルク ビッグカメラ」がとりあえずの目印です。

地図はこちら→ https://goo.gl/maps/UC4ugZ6TSMA2

費用:¥4000くらい(各自の飲食代です)

時間:18:30頃から~約2時間

※集合場所は設けていませんので、直接お店にお集まりくださいねー。

以上です。

「むらオフ会」に参加するのはとっても簡単です!

こちらの「コメント欄」か、または「むらにメッセージを送る」から
「行きますよ~」と書き込んでください。
当日のギリギリまでお待ちしています。(笑)

さぁ、今年初めて開催する「むらオフ会」
もしかしたら、これが最後になる可能性もありますが、
果たして一体どんな内容になるのか?
どんなメンバーが集まるのか全く不明ですけど、
短い時間のひととき「ゴルフ談義」に花を咲かして盛り上がりましょうネ!

あなたとお会いできることを楽しみしていますよ!^^

 


9月 072016
 

intersection

 

仕事の関係でしばらく故郷の信州を離れて「大都会」に上京している俺。
そんなワケで、「激闘のペアマッチ戦」の続きはしばらくお預けになるが、
大都会の人波にもまれながら「信州の田舎者がフト感じた事」を、
しばらく「番外編」として届けしたいと思う。

まず、
「都会の人は歩くのがとっても速い」
これにはとってもビックリしている。

俺は、ラウンド中ほとんど乗用カートに乗ることなく「常に歩く」を基本としているので、
歩くことには自信がある

そして、歩く速度も誰よりも早い

なぜなら、「ショットの回数の多さ」でも常にトップクラスを維持しているから、
誰より速く歩かなければ「スロープレー」になってしまい、
同伴者に迷惑を掛け、後続の組に文句を言われ、しまいにはマーシャルにも怒られるので、
「絶対にスロープレーになるもんか!」と超早歩きでプレーする。

しかも、クラブ3本約1.5kgの重量物を抱えていながらもそのペースは落ちることなく
さらに加速することだってあるくらい歩くのが早いのだ。

「早歩き」という技術をマスターした俺は日常生活でもその威力はいかんなく発揮され、
前を歩く人を後ろから追い抜く事に快感を覚えては優越感に浸りながら日々のストレスを解消しているので、
「早歩き」はもはや俺の「おはこ(18番)」になっている。

信州には、リオオリンピックで見事「銅メダル」に輝いた競歩の「荒井 広宙(あらい ひろおき)」選手がいるが、
アマチュアゴルフ界での競歩では「金メダル!」と評判が高い「早歩きの第一人者」の俺が、
この大都会ではいとも簡単に追い越されてしまうのだ!

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。