4月 302016
 

 iizuna-kogen golf course10

 

今シーズンの初ラウンド、スタートホールでいきなりシャンクに見舞われた俺だが、
ここで心を乱すことなくダボで収めることが出来たのも、
今まで積み重ねてきた「努力」が実っているという証拠だろう。
しかし、次のロングホールでは、
ティーショットでチョロしてしまい僅か50ヤード先にボール飛んだだけだった。

嫌な予感が広がる。
シャンクの次にチョロときたら、
後に待っているのは「ダフり」「トップ」だ。

初ラウンドの2ホールにして、
ミスショットの全てに遭遇すれば、この後のプレーが一体どんな事態が発生するのかくらい
こんな俺でも容易に想像できる。

「このセカンドショットが、成否の分かれ目になるな・・・。」

俺は、左後方で足を止めたシングルKさんと飛ばし屋Tくんの視線を背中に熱く感じながら、
キャディーバックから7番アイアンを取り出しアドレスした。

グリーンまではまだ400ヤードは残っている。
ライをそれほど悪くないから、スプーンかクリークでもスイングは出来る状況だ。

しかし、この場面で俺に求められている事は、
「ボールを遠くへ飛ばす」ことではなく、
「フェアウェイにボールを戻すこと」だ。しかも確実に。

となれば、俺がボールの行方をある程度想像できて、なおかつ、
距離の稼げるクラブと言えば、この番手がマックスだった。

だが、全く不安が無かった訳ではない。

今回の初ラウンド、ドライバーを替えたばかりだけではなく、
アイアンも新しいクラブに交換していた

確かに、打ちっ放しの練習では何度か試し打ちはしていたが、
実践で使用するのはほぼ初めてだった。

<<続きを読む、、、


4月 212016
 

早速、今シーズンの初ラウンドに出掛けた。

選んだコースは「飯綱高原ゴルフコース」
例年なら、まだ雪に埋もれてまだオープンしていないが、
この暖冬のお蔭で4月も早々からゴルフが出来る状況になっていた。

iizuna-kogen golf course

iizuna-kogen golf course2

 

4か月ぶりのゴルフに付き合ってくれたのは、
俺が去年から「ゴルフの基本」を教えてもらっている
シングルゴルファーKさんと、飛ばし屋Tくん。
共に、昨年の最終ラウンドを同伴してもらった2人だ。

この4か月ぶりのラウンドを迎えるにあたって、
2週間前から自主練習をスタートさせていた俺。
久しぶりに打ちっ放しの練習場でボールを打ったが、
とても4か月間のブランクがあったとは思えないほど調子が良かった。

ドライバーは真っ直ぐ飛び、
アイアンは狙ったところに落ちて、
アプローチの距離感もバッチリだった。

クラブを握っていない期間が長かったから通常なら感覚が鈍っていてもおかしくはない状態なのに、
今までよりの調子が良いのには、逆に俺自身も驚いていた。
しかも、練習場での初打ちは、
去年買ってそのまま放置していたアイアンを使用していた。

俺が一目見て「コレ、格好イイなぁー」と、姿と形で選んでポチッとしてしまったアイアン。
自分の実力に全く合っていない事はそのスペックからも明らかだったが、
キャディーバックに入っているだけで脚光を浴びて、
「きっとゴルフが上手なんだろうな・・・」と人から思われるそんなアイアンが
何故かまともなボールを打てていたのだった。

<<続きを読む、、、


4月 172016
 

thinking

新しいシーズンを迎えるにあたって改めて考えたのだが、
俺がここまで上達しない原因は一体どこにあるのか?と。

きっと一般的には、
・アドレスが悪い
・グリップが悪い
・スイングが悪い
・ゴルフの基本が出来ていない
・ラウンド数が少ない

などの原因が考えられるが、
これらは俺には全く当てはまらないからどうやら他に原因がありそうだ。

じゃあ何だ?

何が俺の上達を、
シングルゴルファーになる道の障害になっているのだろうか?
俺は深く考えた。

「もしかして、これが原因じゃないだろうな・・・?」

・そもそもゴルフに向いていない。

「まさか、まさかこれが原因だと言うのか!?」
その言葉には出来る限り触れずに上からそっと蓋をして奥にしまい込んで出会わない様にしてきたのに、
まさかこの日この時この場所で直面するだなんて。

俺はいつまでも見知らぬ人のまま過ごしていたというのに、
「そもそもゴルフの才能が無い!」
なんて、それだけは嘘だよな・・・?

だって俺は「プロになりたい!」とか言っている訳じゃないんだぞ。
アマチュアのままでいんだよ。
アマチュアゴルファーのゴルフが上手な人っていうレベルでさ。
そんなに多くを求めていないんだから「才能」とかは関係ないんじゃないのか?

<<続きを読む、、、


4月 122016
 

cheery

ゴルフシーズンが開幕したのと同時に俺の練習が始まった。

桜咲く暖かい陽気の昼下がりにいそいそと練習場に出掛けた俺は、
まずはキャディーバックから56度のウェッジを取り出し握り締めた。

「おっ。約4か月ぶりだと言うのに、なかなかイイ感触だぞ!」
左手の掌に置かれた黒いグリップを上から被せるように包み込み、
そっと右手も絡めていく。
特に握り方を意識した訳ではないが、左手の親指が右手の生命線の中にすっぽり収まって、
それぞれの指が隙間なくグリップに密着していた。

握る力も、強くもなく弱くもなく程良いプレッシャーでクラブ全体の重さを支えている。
仮に、手の中に「小鳥」が居たとしても、
静かにそっとさえずる事が出来るそんな力加減でクラブを握っていた事に、
俺の「4か月間のブランク」はいつの間にかどこかに消えていた。

だからと言って、いきなりボールを打つ事はしなかった。
俺はその場で、ハーフスイングの素振りを何度かしてみたのだった。

「うんうん、大丈夫だ。
ビジネスゾーンも安定しているぞ・・・。」

注意深く、何度も何度も、
9時から3時までの軌道を確認していく。

「久しぶりのスイングだからな。
とりあえず、身体を慣らしていくことが先決だ・・・。」

若い頃は、美味しい料理が目の前に並んでいると真っ先にがっつく事しか出来なかったが、
「お楽しみは最後に残しておく」という余裕が生まれたのも俺が歳を取ったという証拠なのだろうか?
しかし、「焦らしのテクニック」はいつでもどこでも有効なのは、
そっと握った指先も感じていた。

<<続きを読む、、、


4月 082016
 

diet

やってない。見事なまでにやってない。

ゴルフシーズンが開幕すると言うのに、
準備するどころが練習もスイングもクラブを握る事さえ
全くなぁ~にもやっていないのだ。

もしかしたら俺と同じく、
「そろそろ押入れの奥からキャディーバックを出してくるか?
また、コンペもある事だし。」
と、春のコンペに向かってボチボチ練習場に行き始める人もいると思う。

それは言わば「当たり前の日常」として、
特に気になる点もなければ「世間の常識」として通用している現実だろう。

しかし、そんな一般ピーポーと同じ状況をこの俺が、
「シングルプレイヤーになるぞ!」と目標を掲げているこの俺が、
「もう今年こそは、ゴルフ初心者だとは絶対に呼ばせないぞ!!」と固く決意しているこの俺自身が行っているとすれば、
それは大きな問題だ。

去年、例年以上にラウンド数を増やした一年だった。

「シングルプレイヤーKさん」に出会い、
貴重なアドバイスをもらいながらプレースタイルを見直してきた。
ドライバーを換え、アイアンを換え、キャディーバックまでも交換して
スコアダウンに臨んだ一年だった。

しかし、結果は出なかった。

その悔しさを忘れずに「オフシーズン中も練習するぞ!」と誓った年末だったハズなのに、
気が付けば例年通りのなぁ~にもしていない4か月を過ごしてシーズンインする季節を迎えてしまったとは
これは非常に大きな問題なのだ!

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。