12月 072015
 

lastround

「これで、俺の今シーズンも終わりになってしまうんだよなぁ・・・。」

今シーズンラストラウンド、
これから挑む後半戦に全ての力を出し切る決意を改めて固めながら
俺はそっと呟いた。

ゴルフを始めてもう7年。

未だに100前後のスコアをさまよっているが、
決して「趣味の一環」としてゴルフをやっている訳ではない。

俺の目標はあくまで「シングルプレイヤー」だ。

そう、
アマチュアゴルファーとして最上級の腕前を持ち、
誰からも尊敬と眼差しと称賛の敬意を送られ崇め奉られている
「シングルプレイヤー」目標なのだ

そのレベルに達する為にこれまでの7年間もの間、
トイレで汚物を流し忘れても汗と涙だけは流しながら
ひたすら練習場でボールを打ち込んできているのだ!

いや、それだけではない。

ひっくり返しても何も出てこない財布からプレーフィーを捻出しては
月に2度3度とコースに出掛けて実践も積んできた。

さらには、多くの悩めるゴルファーを上達へと導く専門家「ティーチングプロ」からも学びを受けては
やみくもに「打つべし、打つべし、飛ばすべし!と練習に励んできた。

おまけに、ゴルフメカニックの書籍とDVDをほぼ全巻揃えて隅から隅まで目を通し、
ベンホーガン、ブッチハーモン、デビットレッドベター、坂田信弘、宮里優、中部銀次郎などのゴルフ理論を精読し、
プロゴルフツアー会場にいそいそと出掛けては生のプロゴルファーたちの
アドレス、スイング、パッティングや一連のルーティンと共に、
姿勢、顔つき、化粧のノリ、服装、ヒラヒラなどしっかり脳裏に焼き付けてきたのだ。

これだけのトレーニングをゴルフを始めてから7年間もの長期間行ってきているのだから、
単純に「ゴルフが上手いと格好イイじゃん!」なとどふざけた理由だけで取り組んでいる訳ではない事は
既に明白なのだ。

<<続きを読む、、、


12月 012015
 

'You can do it

今シーズンのラストラウンド、スタートホールを「ボギー」で始めることができた俺は、
続くロングホールでのティーショットでも迷わずドライバーを手に取っていた。

目の前には池が見えるが、当然俺の飛距離では届かない。
左右のOBを避け、とりあえずコース内にボールが残るように控え目なスイングをした。

当たりは薄かったが、フェアウェイキープの1球を打つことが出来ていた。

「もしかして、俺ってYDKなんじゃないのか・・・?」

「YDK、YDK。やればできる子、YDK。」
こんなフレーズが頭の中で鳴り響き、さらに気分も盛り上がってきたところで俺は
第2打目のマネジメントを考えていた。

グリーンまでは、まだ250ヤード以上はたっぷり残っている。
当然、2オン出来なのは分かっている中で、
一つの選択に迷っていた。

「出来るだけグリーン近くにボールを運ぶ方法」
かそれとも、
「またレイアップして得意な番手の距離を残す」
のどちらを選択すべきなのか?
俺は、5Wと8番アイアンの2本見つめてボールの前で考え込んでいた。

練習場では、アイアン特訓だけを実施していたのでフェアウェイウッドのショットには少し不安がある。
しかし、仮に上手く打てなくても出球は必ず「トップボール」だと分かっているから
目の前の池にボールが落ちる事は無いだろう。
それに、今日の調子ならナイスショットの可能性だって否定は出来ない。
グリーン近くにボールを運んでアプローチでピンに寄せ「バーディーゲット!」というチャンスだってあり得る状態だ。

そうさ。ドライバーショットの結果をしっかり次に活かさなければ、
これまでの練習だって全く無意味となってしまうぜ。

俺は、手に持っていた8番アイアンを横に置き、
5Wでのセカンドショットを選択した。

<<続きを読む、、、


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。